2017年8月18日 (金)

住宅街の様子

チンギスハーン広場から少し歩けば、賑やかさは消えて普通の住宅街となります。味気ない建物が多く、たまに見かける商店も看板や外装は地味です。国土が広いせいか、それぞれの建物が間隔をあけてゆったり建っている印象を受けました。

 

P1050319
ホテル裏側の住宅街
人通りがなく寂しい雰囲気だ

 

P1050320
スーパーマーケットだろうか
派手な宣伝は一切ない

 

P1050333
ここも店舗のようだが活気を感じられない

 

P1050334
病院

 

P1050335
子供の遊び場

 

P1050336
アパート前の花壇に向日葵とコスモスが咲いていた

 

P1050337
おもちゃ屋だろうか
書いてある文字が読めないので想像を膨らませて街歩きを楽しんだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

ウランバートルの交通事情

ウランバートルは市内に鉄道網はないので、市民の移動手段はバスです。メインの通りには大型のバスがひっきりなしに走っていました。また、自家用車も普及しているようで朝のラッシュの時間帯は道がかなり混雑していました。

タクシーも走っています。夜、レストランからホテルに戻る際に利用しましたが、道で簡単に拾うことができました。

 

P1050343_800x602
ウランバートル市民の足はバスだ

 

P1050346
車体の色は様々だった

 

P1050352
かなりの台数が運行されているようだ

 

P1050351_800x600
チンギスハーン広場前の道路
朝のラッシュアワーで警官が交通整理にあたっていた

P1050296

ウランバートルのタクシー
繁華街では路上で拾うことができた

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

チンギスハーン広場の周辺

チンギスハーン広場の周辺はモンゴルの主要な企業などの建物があります。日本でいえば丸の内と霞が関を合わせた場所でしょうか。社会主義国時代に立った建物はロシア風の建物ですが、最近の建物には斬新なデザインの物もありました。

 

P1050376_800x602
チンギスハーン広場の東側
右側のピンクの建物は国立劇場、左側の建物は民族宮殿だ

 

P1050364_800x600
チンギスハーン広場の西側
薄い緑色の建物はウランバートル市役所だ

 

P1050356_800x602
市役所の隣の銀行の建物
ギリシャ調の装飾が施してある

 

P1050354
こちらは放送局だろうか

 

P1050353
中央郵便局

 

P1050352_800x603
近くにあった金色のビル
かなり目立っていた

 

P1050377_800x599
高層ビルも建ち始めている
この建物は
外資系のホテルだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

スフバートル像

スフバートルはモンゴルが中国から独立したモンゴル革命の英雄です。彼の騎馬像がチンギスハーン広場の中央に建っています。前回紹介したチンギスハーン像と並んでモンゴルの人たちに人気の高い像です。夜間は美しくライトアップされています。

 

P1050365
スフバートル像
スフバートルはモンゴル革命の英雄だ

 

P1050369
正面は功績をたたえた石碑だろうか

 

P1050367
台座にはレリーフも埋め込まれている

 

P1050366
馬に乗った勇ましい姿の像だ

 

P1050991
夜間はライトアップされている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

国家宮殿のチンギスハーン像

国家宮殿の中央に堂々と座しているのがモンゴル最大の英雄チンギスハーンです。没後800年近くたちますが、今なおモンゴルでの人気は絶大です。様々な商品の名前などにも「チンギス〇〇」と名付けられた人気商品がたくさんあります。この像もモンゴルの人々にとても人気があります。

 

P1050363_800x606
チンギスハーン像

モンゴルでは国民全てに愛されている英雄だ

 

P1050986_800x602
夜間は荘厳にライトアップされている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

国家宮殿

スフバートル広場の奥に建つ、ひときわ立派な建物が政府宮殿です。大統領府と国会議事堂も兼ねた建物です。この建物は1950年代に建立されましたが、建設には当時抑留されていた旧日本軍の兵士が動員された史実があります。

建物正面の階段部では顕彰者の記念撮影などが良く行われていて、僕が訪れた際も盛装した一団が写真撮影を行っていました。

 

P1050360_800x600
国家宮殿
国会や大統領府もこの中にある

 

P1050362
正面では記念撮影の真っ最中だった

 

P1050981
夜のライトアップも美しい

 

P1050986
中央でひときわ明るいのがチンギスハーンの座像だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

チンギスハーン広場(スフバートル広場)

チンギスハーン広場はウランバートルの中心部にある広場です。以前はモンゴル革命の英雄、スフバートルの名を冠してスフバートル広場と呼ばれていましたが2013年に改名されました。

広場の大きさは幅、奥行きとも200m以上あります。石張りの綺麗な広場です。広場の奥には政府宮殿、周囲には中央郵便局や金融機関の本店などが立ち並んでいます。

夜になると政府宮殿や周辺の建物がライトアップされ、昼間とはまた異なった雰囲気となっています。

 

P1050358
チンギスハーン広場
正面には国家宮殿が建っている

 

P1050364
広場の周囲はモンゴルの主要な施設が建ち並んでいる

 

P1050370
広場の中央にはスフバートルの騎馬像が建っている

 

P1050357
催事がある時などは広場にゲルが組み立てられる

 

P1050972
夜のチンギスハーン広場も素敵だ

 

P1050979
スフバートル像の周辺は夜も人が絶えない

 

P1050974
周囲の建物もライトアップされている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

サーカス場

ノミンデパートの近くに黄色い屋根で円形をした特徴的な建物がサーカス場です。大相撲の元横綱朝青龍が所有している建物だと現地では言われていました。サーカスの興行以外に展示会などにも使われているようですが、僕が訪れた時は閑散としていました。

P1050386_800x600
サーカス場
遠くからでも目立つ建物だ

 

 

P1050387
近くからみたサーカス場
独特の形をしている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

ノミンデパート

ノミンデパートはモンゴル最大のデパートです。1924年に創業し、以前は国営でしたが現在は民間企業が経営しています。目抜き通りに面して建っていて、チンギスハーン広場からも歩いて数分です。

内部は中央が吹き抜けとなった造りになっています。1階の奥に食料品売り場があり、上階には衣料品や家電、子供用品などの売り場があります。5階にはモンゴル国内の様々な土産物を売る売り場があり、観光客でにぎわっています。

ウランバートル市内で買い物をする場合、まずここを訪れることをお勧めします。

 

P1050345
ノミンデパート
モンゴル最大のデパートだ

 

P1050382
目の前は目抜き通りになっている

P1050951
夜になると電飾が美しい

 

P1050349
内部は吹き抜けになっている
吹き抜けの上部に飛行機がディスプレイされていた

 

P1050348
1
階は食料品売り場だ
品揃えはかなり豊富だった

 

P1050350
上階は日本のデパートと同じような雰囲気だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

ホテルのロビーで見かけたもの

ホテルのロビーの壁面にこのような機械が置かれていました。どうやら靴の泥落とし機みたいです。僕が訪れた9月は電源が入っていませんでしたが、霜が降りて道がぬかるむ季節になると必需品なのでしょう。

 

P1050323
靴の泥落とし機
道がぬかるむ季節には活躍するのだろう

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ホテルから見える風景