2017年12月10日 (日)

水辺の景色

釣りをしながら川辺やボートの上から見た景色も素晴らしかったです。モンゴルは乾燥地帯が多く、大きな川があまり流れていない国ですので、国土全体から見たら、こうした水辺の景色は珍しい光景なのかもしれません。

 

P1090865_800x600

 

P1090882

 

P1090908_800x600

 

P1090911_800x600

 

P1100178

 

P1100206_800x600

 

P1100220_800x600

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

草原の風景

ロッジから釣り場への移動中は、車窓から見る広大なモンゴルの風景に圧倒されっぱなしでした。見渡す限りに草山が広がり、その広がりの規模が全く分からないほどのスケールでした。その風景の一部を切り取った画像でそのスケールを感じにくいかもしれませんが想像してみてください。

 

P1090853_800x600

P1090912_800x600

 

P1100098_800x600

 

P1100106

 

P1100110

 

P1100182_800x600

 

P1100299_2

 

P1100316_800x600

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

渡し船(2)

前回紹介した渡し船が川を渡る様子を川岸から見るとこんな感じです。

 

P1090961_800x600
対岸から見た渡し船

 

P1090962_800x600
車と人を乗せ終わると動き始めた

 

P1090964_800x600
音もなく近づいてくる

 

P1090967_800x600
100
m程の川幅を3分ほどで渡ってきた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

渡し船(1)

 

宿泊したロッジから釣り場に向かう際は、渡し船でセレンゲ川を渡りました。この渡し船にはエンジンは搭載されていません。川の両岸の間に張られたワイヤーロープに舳先を繋いであり、川を渡る際は船尾の舵を大きく切ることで川の流れを側方に変えて、その推力で対岸へ進んでいきます。とてもよくできた仕組みだと感心しました。

 

 

 

P1090866_800x600
渡し船
人もバイクも車もこの船しか対岸に渡る手段はない
双胴の造りになっている

 

P1090868
足元を確かめながら慎重に船に乗り込む

 

P1090869_800x600
船上の様子
床には材木が敷き詰められていた

 

P1100123_800x600
船の舳先はワイヤーロープに繋がれている

 

P1090871_800x600
船尾の舵を切ると船は対岸へ進み始める
川の流れを利用した賢い仕組みだ

 

P1090872_800x600
対岸が近づくとロープを引いて接岸位置を調整する
船頭だけでなく全員での作業となる

 

P1090874_800x600
無事対岸に渡ることができた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

セレンゲ川にかかる浮橋

ムルンの近郊にはモンゴル国内有数の大河川、セレンゲ川が流れています。今回の旅では、ムルンから幹線道路を1時間ほど走ったところで脇道に入り、浮橋を使ってセレンゲ川を渡ってオフロードを進んでいきました。

浮橋は川の水位の変動に対応できるように作られていますが、我々が通った時は前週までの大雨で川が増水していたタイミングだったので一部が冠水して通りにくくなっていました。ちなみに、この浮き橋は有料で通行料は5000トゥグルグ、日本円にすると250円ほどですが、モンゴルの物価水準から見たらかなり高い通行料となっていました。

 

P1050565
セレンゲ川に架かる浮橋
車1台が通れる幅しかない

 

P1050566
徐行で近づいていく

 

P1050568
川の流れはかなり速い

 

P1050571
対岸部は増水のために冠水していた

 

P1050575
対岸から見た浮橋
無事に渡り切れてほっとした

 

P1050817
通行料の領収書
現地の物価水準で見れば通行料はかなり高い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

ムルンの町の入り口

幹線道路をウランバートル方面からムルンに向かうと、ムルンの町の数km手前の道の両側にゲート型のモニュメントが立っていました。ムルンの町の入り口を知らせるものです。子供たちがゲートの前で記念写真を撮っていました。

 

P1050844
ムルンの町が近づくと道の両脇に何かが立っているのが見えてきた

 

P1050844_800x602
町の入り口を示すゲートだ

 

P1050845
子供たちが記念写真を撮っていた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

幹線道路

ムルンの町とモンゴルの首都ウランバートルの間は舗装道路で結ばれています。丘陵地帯を縫うように走るこの道は、路面状態が良く快適なドライブが楽しめました。車窓からは、遠くの山並みや道沿いの湖、集落や家畜の群れなどを眺めることができ、単調な道でしたが飽きることはありませんでした。

 

P1050824
ウランバートルとムルンを結ぶ幹線道路
この地域唯一の舗装道路だ

 

P1050535_800x600
晴れていれば遠くの山並みまで見通せる

 

P1050540_800x600
道の横に現れた湖
塩湖だそうだ

 

P1050840
道の両脇の大半は放牧地だ
家畜がのんびりと餌を食べていた

 

P1050831
集落も所々存在する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

プルゴン

ムルンから釣りのために滞在するロッジまでの移動にはロシアUAZ社製のプルゴンという自動車を利用しました。

この自動車は基本デザインが1960年代から変更されておらず。いわば生きた化石のような自動車です。4輪駆動で悪路走破性は高いのですが、乗り心地はお世辞にも良いとは言えないものでした。構造がシンプルで故障しにくく、修理も簡単なので現地ではとても人気のある自動車でした。

 

P1050510
現地の移動に使用したプルゴン
ロシアUAZ社製の四輪駆動車だ

 

P1100122_800x600
前から見た様子
ユーモラスな顔つきをしている

 

P1050553
左横から見た様子
後部座席は対面して座るスタイルだった

P1100503_800x600
右横から見た様子

こちら側は運転席のドアしかない

 

 

P1050550_800x602
後ろから見た様子
おしゃれではないところがおしゃれだ()

 

P1050554
運転席
もちろんマニュアルシフトだ

 

P1050588
オフロードに停まったプルゴン
こういった場所が似合う車だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

空港駐車場の標識

ムルン空港の駐車場に、お馴染みの「P」マークの標識がありました。ポールと比べてサイズがとても小さいうえに、空き地にぽつんと立っていて、その様子がなんだかとてもほのぼのとした感じでした。

 

P1050890
ほのぼのとした感じがする標識だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

空から見たムルンの町

ムルンの空港を離陸した直後にムルンの町を上空から見ることができました。このブログでも紹介した建物などが建ち並ぶ町の中心部の周辺はきれいに区画整理された住宅地となっていてたくさんの平屋住宅が並んでいました。

 

P1050914_800x600
空から見たムルンの町
こうしてみると大きな町だ

 

P1050916_800x600
周辺部は区画整理された住宅地になっていた

 

P1050917_800x601
町の中心部
格闘技場や中央広場がよく見えた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«50 100 Hotel & Restaurant