« アル・プロセッコ | トップページ | エノテカ・マスカレータ »

2012年4月11日 (水)

カフェ・ラヴェーナ

ヴェネチアで気軽にお酒を楽しめる店にはバカーロ(立ち飲み居酒屋)以外にカフェがあります。ヴェネチアのカフェは夕方になるとアペリティーヴォ(食前酒)を楽しみ多くの人で賑わいます。

カフェ・ラヴェーナ(Caffe LAVENA)はサン・マルコ広場に面しているヴェネチアの典型的なカフェです。オープンはなんと1750年。すでに250年以上の歴史がある店です。

P1000744

カフェ・ラヴェーナ サン・マルコ広場に面した老舗のカフェだ


カフェですのでもちろん着席してコーヒーや紅茶を飲むこともできます。しかし、お勧めの飲み物は、ヴェネチアで最も人気の高いアペリティーヴォのスプリッツ(Spritz)です。これをカウンターで立ち飲みするのが僕のこのカフェでの過ごし方です。立ち飲みの方が席料分安いことも理由ですが、地元の人に交じってカウンターになっているのは楽しいものです。

P1050540
スプリッツを作るバーマン 手前のクーラーではプロセッコが冷えている


スプリッツはカンパリやアペロールなどの甘ほろ苦いリキュールをワインやプロセッコと炭酸で割って作ります。僕が一番好きなのは、アペロールをプロセッコで割ったスプリッツ、アペロール・コン・プロセッコ(Aperol con Prosecco)です。カフェ・ラヴェーナではスプリッツを注文すればこれが出てくるはずですが、不安な場合はアペロール・コン・プロセッコと注文してください。

P1050541
スプリッツ(プロセッコ・コン・アペロール) 甘ほろ苦くておいしい


ちなみに、カウンターの上にはナッツやポテトチップのようなつまみが置かれています。これは飲み物を注文すれば自由に食べることができます。なお、つまみの食べた時は近くにある皿に1ユーロ硬貨をチップとして入れてくるのがマナーです。


カフェ・ラヴェーナのホームページはここです。クリックすると音楽が流れますのでご注意ください。

|

« アル・プロセッコ | トップページ | エノテカ・マスカレータ »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ヴェネチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/54448841

この記事へのトラックバック一覧です: カフェ・ラヴェーナ:

« アル・プロセッコ | トップページ | エノテカ・マスカレータ »