« ハリーズ・バー(バーコーナー) | トップページ | オステリア・アッレ・テスティエーレ »

2012年5月 6日 (日)

ハリーズ・バー(レストラン)

前回はハリーズ・バーの一階のバーコーナーを紹介しましたが、今回は二階のレストランを紹介しましょう。

入口はバーコーナーと同じすりガラスのドアです。入店し、入口のスタッフにレストランを利用したい旨を告げると二階へ案内されます。バーコーナーは予約不要ですが、レストランを利用する際は予約を入れておいたほうが良いでしょう。

二階の海側の部屋が客席になっています。室内のデザインは一階と同じテイストですが、窓から差し込む光が室内に柔らかさをもたらしてくれています。

P1000421
ハリーズ・バーのレストランフロア 

とても居心地の良い空間だ

窓からは海が見える

メニューには各種のイタリア料理が並んでいます。まず、ベリーニを注文してそれを楽しみながら料理を選んでください。

もちろん、パスタの味は格別です。僕が注文したのはリコッタチーズのラビオリーニ。洗練された優しい味でした。

P1000423
リコッタチーズのラビオリーニ チーズが何とも優しい味だった

しかし、ここでの料理のお薦めは何と言ってもこの店発祥の料理、カルパッチョです。カルパッチョというと薄切りの刺身や肉を皿に並べ、ソースをかけた料理を意味するように思いがちですが、本来は生の牛肉の薄切りを意味する料理です。その赤い色が、イタリアの画家カルパッチョの画風を連想することから名づけられました。

薄切りの牛肉を皿に広げ格子状にマヨネーズをかけただけの単純な料理ですが、ルッコラの葉と一緒に食べると、とても落ち着いた味が口の中に広がり、幸せな気持ちになれます。

P1000425
カルパッチョ 本家の味はとても落ち着いた幸せなものだった

さらに、ケーキも絶品です。僕が注文したのはザバイオーネクリームのケーキ。これほどおいしいケーキにはめったにお目にかかれません。

P1000427
ザバイヨーネケーキ ケーキだけ食べに行きたくなるほどおいしい

ただし、高級店だけあって価格もそれなりです。昼食に二人で入店してラビオリーニ、カルパッチョを各一皿、ケーキにジェラートを付けたデザートを各一皿、これにベリーニ2杯、ワインボトル半分とコーヒー2杯で240ユーロでした。僕は、この価格に見合う価値のある店だと思います。もちろん、接客も一流です。

|

« ハリーズ・バー(バーコーナー) | トップページ | オステリア・アッレ・テスティエーレ »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ヴェネチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/54649052

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーズ・バー(レストラン):

« ハリーズ・バー(バーコーナー) | トップページ | オステリア・アッレ・テスティエーレ »