« オステリア・アエ・スコンテ | トップページ | ハリーズ・バー(レストラン) »

2012年5月 4日 (金)

ハリーズ・バー(バーコーナー)

ヴェネチアが誇る、世界的な有名レストランといえばこのハリーズ・バーHarry’s Bar)でしょう。1930年にヴェネチアでオープンしたこのバーの開業エピソード(注意:リンク先、音が出ます)は、酒飲み話にはうってつけの男同士の友情物語です。

また、カクテルのベリーニ(Bellini)や料理のカルパッチョなどの発祥店としても有名な店です。

店はサン・マルコ広場の横の海沿いにあります。一階がバーコーナー、二階がレストランになっています。今回はバーコーナーを紹介しましょう。

P1000409
ハリーズ・バーの入り口

店の入り口は海沿いの道ではなく、横の路地にあります。すりガラスのドアで中が窺えないため、開けるのに少し勇気が必要ですが中に入れば、白い制服のウェイターたちが温かく歓迎してくれます。

P1050535
ハリーズ・バーのカウンター 制服姿のウェイターがきびきびと仕事している

店内は清潔で凛とした印象です。午後から夕方にかけては欧米系の観光客を中心にかなり混雑しています。

P1050538
ハリーズ・バーの一階の様子 店内は清潔で気品あふれている

この店でお薦めの飲み物は、何といってもベリーニです。桃のピューレとヴェネチア特産の発泡酒プロセッコを合わせたカクテルです。生の桃が手に入らない時期でも缶詰を使って通年提供しています。

ベリーニと名付けられた理由は、鮮やかなピンク色がヴェネチア派の代表的な画家ベリーニの絵画を連想させるからと言われています。

甘い飲み口のカクテルは、街歩きに疲れた身体をとても優しくもてなしてくれます。

なお、価格はそれなりにする店です。僕が行ったときはベリーニ2杯で32ユーロでした(つまみのオリーブ、サービス料込)。とはいえ、せっかくヴェネチアに行ったのでしたら、バカーロ巡りだけでなく、ぜひこの店で本家ベリーニの味に出合ってください。

P1050537
ベリーニ 百万語を使って説明するより一度飲んでみてほしい

|

« オステリア・アエ・スコンテ | トップページ | ハリーズ・バー(レストラン) »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ヴェネチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/54632399

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーズ・バー(バーコーナー):

« オステリア・アエ・スコンテ | トップページ | ハリーズ・バー(レストラン) »