« ハリーズ・バー(レストラン) | トップページ | 魚市場 »

2012年5月 7日 (月)

オステリア・アッレ・テスティエーレ

アッレ・テスティエーレOsteria Alle Testiere)は日本のガイドブックにはあまり紹介されていませんが、僕が一番気に入っているレストランです。毎回、ヴェネチアを訪れた際は二日続けてこの店に通っています。そうしたくなるほど、魅力的な料理がメニューに並んでいる店です。

店はリアルト橋とサン・マルコ広場の中間辺りにあります。以前紹介したアエ・スコンテの近くです。人通りの多い道から細い路地に曲がり、30メートルほど進んだところにあります。店の前に店名の書かれたランプが下がっているだけの地味な店です。

P1000681
アッレ・テスティエーレの店頭のランプ これが店の目印だ

店内は席数が20ちょっとの小さな店です。僕が訪れた時は常に満席でした。観光客だけでなく、地元客も多く訪れています。行かれる際は一週間くらい前には予約を入れた方が良いでしょう。ホームページから英語で予約ができます。ランチとディナーの営業のみでディナーは早い時間帯と遅い時間帯を指定して予約できます。

P1000686
店内の様子 小さい店なのでいつも満席だ

料理は素材の味を活かしたイタリア料理です。海産物のおいしいヴェネチアにはぴったりです。値段の割に一皿の分量は少なめですが、その分、色々な料理を注文することができます。メニューはその日の仕入れによって変わります。常に前菜が7,8品、パスタが3,4品、メインが5,6品ラインナップされています。

P1000683
ある日のメニュー 

その日の仕入れによって毎日変わるが、どれもおいしそうなものばかりだ

P1050427
前菜に注文したグランセオーラ(クモガニ)のサラダ

ヴェネチア特産の新鮮な海産物の素材を活かした料理がこの店の特色だ

この店で僕が一番好きな料理は、二枚貝のパスタです。来店するたびに毎回必ず注文していますが、まったく飽きません。茹で加減、塩加減ともに最高です。

P1050428
二枚貝のパスタ シンプルな料理だが、実においしい

この店の料理の特徴はハーブや柑橘類を巧みに使っているところです。メイン料理の白身魚のソテー、ハーブソースは毎回魚の種類や使うハーブが違って出てきますが、思わず唸ってしまうほどのおいしさです。

P1000697
白身魚のソテー、ハーブソース この店はハーブの使い方が実に上手だ

ワインも手ごろな価格で豊富にラインアップされていますし、ドルチェも外れたことがありません。さらにマネージャーをはじめ、ホールスタッフはみなフレンドリーで、接客態度はホスピタリティーにあふれています。

価格は前菜二皿、パスタ二皿、メイン一皿、ドルチェ二皿、ワイン1本、コーヒー二杯で150ユーロくらいです。

ヴェネチアで確実においしいものが食べたかったら、この店に行くことをお薦めします。ただし、事前の予約をお忘れなく。

|

« ハリーズ・バー(レストラン) | トップページ | 魚市場 »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ヴェネチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/54657423

この記事へのトラックバック一覧です: オステリア・アッレ・テスティエーレ:

« ハリーズ・バー(レストラン) | トップページ | 魚市場 »