« トンノ | トップページ | バッカラ »

2012年6月24日 (日)

サルモーネ

サルモーネ(Salmone)とは英語ではサーモン、すなわちサケのことです。前回紹介したトンノと並んで、メニューによく登場する魚です。

サルモーネはイタリアでは獲れない魚なので、ノルウェーなどからの輸入品が市場に並べられています。現在では物流が発達していますので、新鮮なものが売られています。


P1000725
市場で売られているサルモーネ

輸入品だが鮮度は申し分ない

サルモーネの食べ方は大きく分けて、スモークにして前菜に出すか、グリルしてセコントに使われるかです。そのため、市場でも半身で売られているものと、筒切りで売られているものがあります。

前菜では、よく見かける薄切りのスモークを皿に並べて出す以外に、身をほぐしてタルタル風にして出されることもあります。どちらも白ワインが進む前菜です。

P1000692
アッレ・テスティエーレで食べたサルモーネのタルタル風

ほのかに薫香がしてとてもおいしかった

サルモーネのグリルもシンプルですがおいしい料理です。オリーブオイルとサルモーネの身の相性も意外なほどよく合います。

P1000366
アエ・スコンテのサルモーネのグリル

イタリア料理の食材としてのサルモーネのおいしさを再認識した一皿だった

地の魚ではありませんが、イタリア料理のサルモーネも一食の価値がある食材です。

|

« トンノ | トップページ | バッカラ »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ヴェネチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/55043470

この記事へのトラックバック一覧です: サルモーネ:

« トンノ | トップページ | バッカラ »