« スカンピ | トップページ | カンノリッキオ »

2012年6月18日 (月)

カノッキア

イタリアではシャコのことをカノッキア(Canocchia)と呼びます。ヴェネチアでも良く見かける食材です。ヴェネチア周辺は浅い海が広がっているので、シャコの好漁場なのでしょう。


シャコは日本では寿司ネタによく用いられていましたが、最近はあまり見かけないように思います。しかし、ヴェネチアでは市場にたくさん並べられていますし、前菜のメニューに茹でたシャコはよく載っています。もしかするとイタリア人の方がシャコを良く食べているのかもしれません。

食べ方はさっと茹でて、オリーブオイルとレモンをかけて食べるのが一番シンプルでおいしいです。

P1050345_2
アッレ・テスティエーレのシャコの前菜

茹でただけのシンプルな料理だが、これが一番おいしい

P1000617_2
ガット・ネーロの海の幸の盛り合わせの前菜

この皿にもシャコが乗っていた

値段もそれほど高くありませんので、ヴェネチアを訪れた際は、とれたての新鮮なシャコをたっぷり味わってください。

|

« スカンピ | トップページ | カンノリッキオ »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ヴェネチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/54996946

この記事へのトラックバック一覧です: カノッキア:

« スカンピ | トップページ | カンノリッキオ »