« コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ | トップページ | リゾット・アッラ・ミラネーゼ »

2012年9月27日 (木)

オッソ・ブーコ

今回も前回に引き続きミラノの郷土料理の紹介です。

オッソ・ブーコ(Osso Buco)は、仔牛の骨付きのスネ肉の輪切りを白ワイン等で煮込んで作る料理です。直訳すると骨(オッソ)の穴(ブーコ)という意味です。食べ終えた時に中空の骨が残るところから名付けられたのではないかと思います。

柔らかくなるまで煮込まれた肉や周囲のゼラチン質の、ホロホロプルプルとした食感や味もさることながら、この料理で一番おいしいのは骨の中心部(髄)です。この髄を、少々行儀は悪いのですが、ナイフの先端などですくい取って、肉と合わせたり添えられているリゾットと混ぜて食べたりすると、格別のおいしさです。

P1020403
ナブッコのオッソ・ブーコ

骨の髄まで味わってほしいミラノの絶品郷土料理だ

ミラノでこの料理を注文したら、中空の骨だけ残してきれいに平らげ、料理人を喜ばせてあげてください。

次回はこの料理の付け合わせにもよく使われるミラノ風リゾット、リゾット・アッラ・ミラネーゼを紹介します。

|

« コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ | トップページ | リゾット・アッラ・ミラネーゼ »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・ミラノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/55758299

この記事へのトラックバック一覧です: オッソ・ブーコ:

« コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ | トップページ | リゾット・アッラ・ミラネーゼ »