« イ・ヴィナイーノ | トップページ | ブカ・デッロラフォ »

2012年12月 6日 (木)

トラットリア・アルマンド

トラットリア・アルマンドTrattoria Armando)は、前回紹介したイ・ヴィナイーノとは逆で、少しおしゃれして出掛けたくなる素敵な雰囲気のレストランです。

店はイ・ヴィナイーノより少し西にあります。間口は狭いですが店内に入ると奥に広い客席スペースが用意されています。壁にはこの店を訪れた著名な音楽・演劇関係者の写真がたくさん飾ってあります。これは近くに劇場があるため、多くの音楽・演劇関係者がこの店を訪れているからです。

P1010325
トラットリア・アルマンドの店頭

入り口だけ見ると小さな普通のレストランだが、フィレンツェ屈指の名店だ

P1010324
トラットリア・アルマンドの玄関内部

客席は奥まったところにある

P1010312
トラットリア・アルマンドの客席

壁には多くの著名な音楽家や演劇関係者の写真が飾ってある

料理は何を食べても味は間違いありません。オーソドックスなトスカーナの郷土料理を味わえます。特にお薦めは前回も紹介したスパゲッティ・アッラ・カレッティエラ(Spaghetti alla carrettiera)とフリット・ミスト(Fritto alla fiorentina di carni miste e verdure)(肉と野菜のフィレンツェ風揚げ物の盛り合わせ)です。特にフリット・ミストはウサギ肉、羊の脳味噌、鶏肉、ズッキーニなどがサクッと揚げられています。ウサギや羊の脳味噌等と聞くとゲテモノ料理のようですがトスカーナではごく普通の食材です。

P1010317
モッツアレラチーズの前菜

付け合わせのトマトもおいしかった

P1010318
スパゲッティ・アッラ・カレッティエラ

シンプルだが、また食べたくなる味だ

P1010320
ラザニア

パスタとラグー、チーズを丁寧に重ねて焼きあげてあった

P1010321
フリット・ミスト

さまざまな食感の材料がサクッと揚げられていていくらでも食べられてしまう

P1010323
ティラミス

料理でお腹がいっぱいでもドルチェは別腹だ

少しおしゃれな雰囲気の中で、前菜からドルチェまで正統派のイタリア料理を堪能してください。なお、夜は混みあいますので予約は必須でしょう。

|

« イ・ヴィナイーノ | トップページ | ブカ・デッロラフォ »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・フィレンツェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/56265048

この記事へのトラックバック一覧です: トラットリア・アルマンド:

« イ・ヴィナイーノ | トップページ | ブカ・デッロラフォ »