« レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ | トップページ | トラットリア・アルマンド »

2012年12月 5日 (水)

イ・ヴィナイーノ

イ・ヴィナイーノ(I’ Vinaino)はレストランというより、食堂という言葉が似合う庶民的な店です。店はサンタ・マリア・ノヴェッラ広場の南からパラッツオロ通り(Via Palazzuolo)を西に400メートルほど進んだところの道の左側にあります。店の正面の道を南に進むとアルノ川に架かるアメリーゴ・ヴェスプッチ橋(Ponte Amerigo Vespucci)です。

店の入り口にはその日のお薦めを書いた紙が張ってあります。何を食べようか迷っている時は参考にするとよいでしょう。

P1050083
イ・ヴィナイーノの店頭

食事時は人の出入りの絶えない店だ

P1050083_2
店頭の張り紙

その日のお薦めが張り出してある

手書きの文字と絵がいかにもこの店らしい

P1010107
イ・ヴィナイーノのメニュー(
201110月)

かなり汚れていても使い続けているのがこの店らしい

値段はかなりリーズナブルだ

この店のお薦めメニューの一つがソットーリ・デッラ・ノンナ(Sott’oli della nonna)です。これは「おばあちゃんのオイル漬け」といった意味で、自家製の野菜のオイル漬けの盛り合わせです。特に玉ねぎはおかわりしたくなる程のおいしさ。ですが、食べ過ぎるとかなり胃にもたれますので気を付けてください(経験談です(笑))

P1050078
ソットーリ・デッラ・ノンナ(右)とクロスティー二の盛り合わせ(左)

どちらもワインによく合う前菜だ

もう一つのお薦めはスパゲッティ・アッラ・カレッティエラ(Spaghetti alla carrettiera)(御者風スパゲッティの意味)です。唐辛子とニンニクの効いたトマトソースのパスタは、フォークが止まらなくなる程のうまさです。他にも、材料の入荷があればポルチーニ茸のタリアテッレ(Tagliatelle al Fungi porcini freschi)や猪肉のパッパルデッレ(Pappardelle al cinghiale)などもお薦めです。

P1050079
スパゲッティ・アッラ・カレッティエラ

高級レストランのメニューにはない庶民的なパスタだ

P1050080
生ポルチーニ茸のタリアテッレ

ポルチーニ茸の旨味がストレートに味わえる一皿だ

メイン料理ではフィレンツェ風トリッパの煮込み(Trippa alla fiorentina)辺りが、一番この店らしいメニューでしょう。飾りっけのない盛り付けですが、味は保証つきです。

P1050081
フィレンツェ風トリッパの煮込み

モツ好きには堪らない料理だろう

気楽においしい物を食べたい時はこの店に行ってください。

|

« レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ | トップページ | トラットリア・アルマンド »

グルメ」カテゴリの記事

イタリア・フィレンツェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/56258016

この記事へのトラックバック一覧です: イ・ヴィナイーノ:

« レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ | トップページ | トラットリア・アルマンド »