« チンクエ・テッレからフィレンツェへの帰路 | トップページ | エドゥアルド・ゴメス国際空港 »

2013年4月 7日 (日)

マナウスの魅力

マナウス(Manaus)はブラジル、アマゾン川のほとりに広がる都市です。南緯3度とほぼ赤道直下にある街です。

19世紀に街が開かれ、以後ゴム、コーヒー、麻などの集積地として発展し、今では人口150万人を超える大都市になっています。最近では国内外の経済発展に伴ってアマゾン観光の拠点としても賑わっています。

P1040507
アマゾン川沿いに広がるマナウスの市街

人口150万人を超える大都会だ

P1030327_2
アマゾン川沿いに建つ高層ビル

経済発展に伴って街も急速に発展している

街の周囲はアマゾン流域のジャングルで囲まれているため、国内の他都市との交通はアマゾン川の航路と飛行機が主流です。

P1030336
マナウス周辺のジャングル

一歩街を出ると緑の魔境が広がっている

P1040584
アマゾン川の港

人々の主な交通手段は船だ

ラテン系の市民はバイタリティーにあふれ、市場や目抜き通りは活気に満ちています。治安が多少心配な面もありますが、概ねフレンドリーで観光客にとっても居心地の良い街です。

P1040557
魚市場

訪れたのが昼過ぎでピークは過ぎていたが、まだ賑わっていた

P1040686
目抜き通りの様子

訪問がクリスマス前の休日だったこともあり人出が多かった

ポルトガルの影響を受けながら古くから栄えた街ですので、観光スポットも豊富です。街の中心部に建つアマゾナス劇場は、見学するとここが南米であることを忘れるような豪華な建物です。

P1040703
アマゾナス劇場

今から100年以上前に建てられたとは思えないスケールの劇場だ

食事や酒もマナウスの魅力の一つです。ブラジルの誇る肉料理、シュハスコや、アマゾン川でとれる魚料理、特産の酒ピンガで作るカクテル、カイペリーニャ等、日本人の口にも合うおいしいものがたくさんあります。

P1040774
シュハスコ

ブラジルを代表する肉料理だ

P1040608
焼き魚を食べさせる食堂

アマゾン川でとれた魚はどれもおいしい

P1040757
カイペリーニャ

甘めでおいしいカクテルだ

僕は2012年12月にアマゾン川で1週間ほど釣りを楽しんだ際、1日だけですがマナウス市内を観光してきました。

今回からしばらくは、このマナウスの観光スポットやおいしい食べ物を紹介していきたいと思います。

|

« チンクエ・テッレからフィレンツェへの帰路 | トップページ | エドゥアルド・ゴメス国際空港 »

グルメ」カテゴリの記事

観光」カテゴリの記事

ブラジル・マナウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/57124857

この記事へのトラックバック一覧です: マナウスの魅力:

« チンクエ・テッレからフィレンツェへの帰路 | トップページ | エドゥアルド・ゴメス国際空港 »