« パクー | トップページ | ボドー »

2013年5月 3日 (金)

マトリンシャン

マトリンシャン(Matrincha)はフナに似た体形をした魚です。

市場で売られている魚は、身体の表面に細かく包丁の刃が入れられていました。おそらく小骨が多いので、それを食べ易くするための処理でしょう。

P1040606_2
市場で売られていたマトリシャン

包丁で細かく骨切りがなされていた

焼かれたマトリシャンは独特な食感でした。骨切りされていたためか、身が口の中でホロホロと崩れ、魚のフレークを食べているような感じでした。

この魚で特筆すべきは、魚卵のおいしさです。注文したマトリシャンはお腹に卵がたっぷり入っていました。タラコより一回り小粒な卵は、しっかり火の通った蟹の内子のような凝縮された旨味があり、とてもおいしい魚卵でした。これを肴に熱燗でも飲んだらおいしいだろうなぁ、と思わせる珍味でした。

P1040616
マトリシャンの焼き魚

お腹に入っていた魚卵がとてもおいしかった

|

« パクー | トップページ | ボドー »

グルメ」カテゴリの記事

ブラジル・マナウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/57283136

この記事へのトラックバック一覧です: マトリンシャン:

« パクー | トップページ | ボドー »