« ポッキ | トップページ | ココホド »

2013年6月30日 (日)

デリマンジュウ

地下鉄4号線ミョンドン駅の5、6番出口に向かう改札を出ると、どこからともなく甘い香りが漂ってきます。この香りの元がデリマンジュウを売る売店です。

P1010089
地下鉄ミョンドン駅構内にあるデリマンジュウを売る売店

周囲には甘い香りが漂っている

デリマンジュウは小さなトウモロコシの形をしたカステラ菓子です。なかにはカスタードクリームが入っています。ちなみにデリマンジュウの語源はデリシャスなマンジュウの短縮形だそうです。

デリマンジュウは店頭の専用の機械で自動的に作られています。この作りたてを販売していますので、その場で食べるとかなり熱々です。火傷をしないようにくれぐれも気を付けてください。

P1010090
デリマンジュウを作る専用の機械

自動化されていて次々デリマンジュウができてくる

デリマンジュウはカステラの風味が良く、カスタードクリームの甘さもしっかりしていて一口目でおいしいと感じられるお菓子です。温かいうちに食べてもおいしいですし、冷やして食べてもおいしいお菓子です。

P1010092
デリマンジュウの包装紙

なかなかかわいいデザインだ

P1010093
デリマンジュウ

カスタード入りのカステラ菓子の王道といった味だ

1人で何個も食べると少し重たいかもしれませんので、グループ旅行の際などはみんなでワイワイ食べるのに好適なお菓子だと思います。

|

« ポッキ | トップページ | ココホド »

グルメ」カテゴリの記事

韓国・ソウル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/57697038

この記事へのトラックバック一覧です: デリマンジュウ:

« ポッキ | トップページ | ココホド »