« ブル(1) | トップページ | ゾロスターホテル »

2017年7月21日 (金)

ブル(2)

注文して少しするとまずテーブルに鍋がセットされます。熱源はコンロではなくIHでした。

次に具材が次々と運ばれてきます。肉はすべて薄切りになっているので、しゃぶしゃぶの要領で、箸で掴んだまま鍋の中で火を通してタレにつけて食べます。

具材の中で特に美味しかったのは生のラム肉でした。柔らかくて肉の旨味も十分でいくらでも食べられる感じでした。羊の脂身の薄切りは、見た目はとてもくどそうですが火を通すとトロトロになり、口に入れた瞬間に消えてしまう食感と後味が癖になるおいしさでした。

現地の物価からすれば値段はかなり高いのかもしれませんが、日本から見ればリーズナブルな値段でおいしい羊肉が食べられる店でした。雰囲気やサービスも良く、ウランバートルを訪れることがあれば再訪したい店です。

 

P1050287
注文するとまず鍋が運ばれてくる

 

P1050289
具材が揃って鍋が沸騰するまでビールを飲んで待つ

 

P1050291
次々と具材が運ばれてくる
テーブルは中華風の中央が回転する様式だった

 

P1050288
生のラム肉
柔らかくてとてもおいしかった

 

P1050293
薄切りのマトン
定番の具材だ

 

P1050295
こちらは馬肉
癖がなくてさっぱり系だった

 

P1050292
羊の脂身の薄切り
癖になるおいしさだった

 

P1050294
シメはモンゴル風のうどん

 

|

« ブル(1) | トップページ | ゾロスターホテル »

グルメ」カテゴリの記事

モンゴル・ウランバートル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/65549591

この記事へのトラックバック一覧です: ブル(2):

« ブル(1) | トップページ | ゾロスターホテル »