« 台北の魅力(1) | トップページ | 台北の魅力(3) »

2018年1月21日 (日)

台北の魅力(2)

台北の二つ目の魅力は日本から近いにもかかわらず異国情緒を満喫できるところです。市内の寺院を訪れたり街を散策したりするだけで日本とは全く異なる文化の中にいる自分を感じることができます。さらに故宮博物館に行けば歴史的に価値のある様々な逸品を目の当たりにすることもできます。

P1020578_800x600_2
霞海城隍廟

縁結びの神様として人気の高い廟だ

 

P1020469_800x600
問屋街として栄えている迪化街
ちょうど歳末市が開かれていた
台湾では旧正月を盛大に祝う

 

P1020191_800x600
台北からほど近いところにある九份
傾斜地にへばりつくように建物が密集している

 

P1020140_800x600
故宮博物館に展示されている鏤彫象牙雲龍文套球
素晴らしすぎて言葉を失ってしまった

 

また、台湾は過去の歴史的な問題がありながらも、とても親日感情が高い国ですので、日本人観光客が歓迎されている雰囲気を感じながら過ごすことができ、安心感の高い国だといえましょう。さらに、看板やメニューが漢字で書かれているので、なんとなく内容がわかるのも安心感につながります。

P1010974_800x600
かき氷店のメニュー

漢字なので何となく意味が分かる

 

|

« 台北の魅力(1) | トップページ | 台北の魅力(3) »

観光」カテゴリの記事

台湾・台北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585904/66291221

この記事へのトラックバック一覧です: 台北の魅力(2):

« 台北の魅力(1) | トップページ | 台北の魅力(3) »