« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

ハローキティジェット(1)

エバー航空はサンリオとタイアップしてハローキティなどのサンリオのキャラクターが描かれた機体、ハローキティジェットを運行しています。僕が登場した機材もハローキティジェットでした。機体の外側だけでなく機内の座席や安全のしおりにもキティちゃんが描かれていました。

 

P1010837_800x601
チェックインカウンターの手前に置かれた看板
ハローキティが出迎えてくれる

 

P1010842_800x600
搭乗券もかわいらしい

 

P1010850_800x609
搭乗カウンターのモニターにもハローキティが写っている

 

P1010849_800x600
ハローキティジェットの機体
ハローキティやその他のサンリオのキャラクターが描かれていた

 

P1010851_800x600
座席
シートカバーやクッションがキティちゃんだった

 

P1010868_800x600
安全のしおりにも耳とリボンが付いていた

 

P1010853_800x600
モニターでの説明もサンリオキャラクターだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

エバー航空

エバー航空(長榮航空公司)は台湾の航空会社です。日本の航空会社と比べると運賃が安いのでLCCと思われがちですが、フルサービスを受けられる航空会社です。そのため預け入れ荷物は所定の個数・重量まで無料ですし、機内食や飲み物の無料で提供されています。日本便で使用している機材は各座席に画面が着いた新しいものですので、飛行中は日本の航空会社と変わらない快適さで過ごすことができます。

 

P1010839_800x600
エバー航空のカウンター
LCCではないので預け入れ荷物は普通のものなら無料だ

 

P1010856_800x599
翼端のグリーンカラーがエバー航空のコーポレートカラーだ

 

P1020698_800x600
機内の様子
各座席に画面があるので好みの映画を見て過ごせる

 

P1020700_800x600
機内食は2種類から選べる

 

P1020704_800x600
機内食
ビールももちろん無料だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

台北への行き方

台北へは日本の各都市から日系の航空会、台湾の航空会社それどれが運航する直行便が就航しています。好みの航空会社を選んで利用すればよいでしょう。僕は比較的安価で評判の良いエバー航空を利用しました。

また、台北には松山と桃園の二つの国際空港があります。桃園空港は規模が大きな空港で台北から1時間ほど離れた場所にあります。市の中心部にある台北駅まではMRT(鉄道)40分程度です。一方の松山空港は台北市内にあり、地下鉄でも行けますし、市の中心部からタクシーで20分かかりません。僕は利便性を考慮して松山空港を利用しました。

なお、台湾は近いとはいえ外国ですので、旅行にはパスポートが必須です。観光目的であればビザは不要です。

 

Map
羽田松山便の時刻表(20181月現在)
羽田松山便だけで18便飛んでいる

 

Taipei
桃園空港と松山空港の場所
松山空港の方が市の中心部に近い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

台北旅行の注意点

台北は外国の中では治安が良く、旅行先としては安全な都市だと思います。とは言っても日本国内でも同様ですが、人出の多い夜市や繁華街ではスリや置き引きには注意が必要です。なお、台湾は極めて親日的な国として知られていますが、人々の中には過去の日本との関係に対して快く思っていない人もおりますので、現地での言動には配慮が求められると思っています。

また、台北は自動車やバイクの交通量がとても多い都市です。移動中の交通事故には気を付けてください。特にバイクのマナーはあまり良いとは言えませんので要注意です。

気候面では雨の多い地域ですので、旅行中は雨具や傘の携帯は必須です。時に人気の高い観光地の九份は雨が降りやすい地域ですので傘は必ず持って行ってください。

 

P1010954_800x600
夜市
こうした人出の多いところではスリに気を付けたほうが良い

 

P1020593_800x600
台北は自動車やバイクの交通量が多い
路肩に注している自動車もたくさんある

 

P1020303_800x600
早朝の目抜き通りの交差点
早朝から深夜までバイクがたくさん走っている

 

P1020513_800x601
夜市で賑わう道でバイクが通行人をすり抜けていく
バイクには要注意だ

 

P1020191_800x600
雨の九份を散策する観光客
九份に限らず台湾を旅行する際に雨具は必携だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

台北の魅力(3)

台北の魅力の三つ目は、食べ物がおいしいことです。本格的な中華料理、飲茶、屋台の軽食、菓子、どれをとっても手軽に安価においしい食べ物と出会うことができます。食べるためだけに出かけても十分満足できる街です。

 

P1020260_800x600
ホテルのレストランで食べたコース料理の前菜
本場の味を堪能できた

 

P1020388_800x600
世界的に有名な鼎泰豊の小籠包
日本にも支店はあるがやはり現地で食べたい

 

P1020535_800x601
夜市の人気屋台
こうした店を食べ歩くのも台北の楽しみ方だ

 

P1010977_800x600
抹茶紅豆雪片
台湾は亜熱帯気候なので氷菓やフルーツも名物だ

 

P1020455_800x600
デパートの菓子売り場に並んだ月餅
中華菓子もレベルが高い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

台北の魅力(2)

台北の二つ目の魅力は日本から近いにもかかわらず異国情緒を満喫できるところです。市内の寺院を訪れたり街を散策したりするだけで日本とは全く異なる文化の中にいる自分を感じることができます。さらに故宮博物館に行けば歴史的に価値のある様々な逸品を目の当たりにすることもできます。

P1020578_800x600_2
霞海城隍廟

縁結びの神様として人気の高い廟だ

 

P1020469_800x600
問屋街として栄えている迪化街
ちょうど歳末市が開かれていた
台湾では旧正月を盛大に祝う

 

P1020191_800x600
台北からほど近いところにある九份
傾斜地にへばりつくように建物が密集している

 

P1020140_800x600
故宮博物館に展示されている鏤彫象牙雲龍文套球
素晴らしすぎて言葉を失ってしまった

 

また、台湾は過去の歴史的な問題がありながらも、とても親日感情が高い国ですので、日本人観光客が歓迎されている雰囲気を感じながら過ごすことができ、安心感の高い国だといえましょう。さらに、看板やメニューが漢字で書かれているので、なんとなく内容がわかるのも安心感につながります。

P1010974_800x600
かき氷店のメニュー

漢字なので何となく意味が分かる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

台北の魅力(1)

中華民国(台湾)の首都、台北は日本から最も近い海外旅行先として人気の高い都市です。僕は20171月中旬に短期間でしたが台北を旅行してきましたので、その際の情報をもとに台北の街の魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

P1010957_800x600
台北の夜市
台湾は日本から最も近い異国だ

 

P1010884_800x600
お参りの仕方にも異国情緒を感じる

 

台北の魅力の一つ目は日本から手軽に行けることでしょう。飛行時間も4時間ほどですし、日本の各都市から一日何便も直行便が運航されています。飛行機代も安めの航空会社を選べば、国内旅行並みの料金で行くことができます。また、台北には桃園と松山の二つの空港がありますが、松山空港は市内中心部にありますのでこちらの空港を発着する便を選べば市内中心部から空港まで20分かからずに行くことができます。

 

P1010835_800x599
羽田空港のツアーカウンター
色々な旅行会社が様々な台湾ツアーを企画している
僕はJTBのツアーを利用した

 

P1010839_800x600
エバー航空のカウンター
羽田・松山便だけでも4社が毎日8便運航している

 

P1010871_800x600
松山空港
市内にあるので利便性が高い

 

P1020639_800x600
タクシーなら町の中心部から20分かからない

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

チョコレート

モンゴルでもチョコレートはスーパーマーケットなどでいろいろな種類のものが売られています。外国産の製品も見かけますが、国産ではゴールデンゴビ社というブランドの製品が一番人気です。僕もムルンのスーパーマーケットで購入して釣り場で毎日おやつに食べました。原料をベルギーから輸入しているので外国製の物と比べても遜色のないおいしさでした。値段は種類にもよりますが平均すると日本円で50円くらいでした。

 

P1090930_800x600
ゴールデンゴビのチョコレート
モンゴルのトップブランドだ

 

P1100029_800x600
こちらはクリスピーライスが入ったタイプ

 

P1100234_800x600
ちょっと高級なミルクチョコレート
これらの他にダークタイプもいろいろあった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

アイスクリーム

モンゴルでもアイスクリームは人気のあるデザートです。スーパーや空港の売店ではいろいろな種類が売られていました。中でもTESOというアイスクリームは2回食べましたが、甘さがちょうど良くて僕好みでした。

 

P1050429
空港の売店のアイスクリームのショーケース
色々な種類が売られていた

 

P1050536
TESO
バタースコッチ味でちょうど良い甘さだった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

ソフトドリンク

現地ではいろいろなノンアルコールドリンクも飲みました。それらを紹介しましょう。

 

P1050406
ミネラルウォーター
飲料水はウランバートルでもムルンでもミネラルウォーターを飲んでいた

 

P1050530
チンギスハーン
エナジードリンクのネーミングとして最強な気がする
確かに飲むと元気が出た

 

P1050310
アリゾナ
なぜかアメリカ製の缶入り緑茶がホテルの冷蔵庫に入っていた

 

P1050529
コカコーラ
文字は読めなくてもラベルのデザインでコカコーラだとわかる

 

P1050868
缶コーラのバーコードがなかなかおしゃれだった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

ウォッカ

ウォッカはモンゴルでも人気の蒸留酒で、モンゴル国内でも製造されています。なかでもトップランドがチンギスウォッカで、その上級品であるチンギス・ゴールドを土産に買って帰りました。まだ開栓していないので味は分かりませんがケースもラベルも個性的で気に入っています。値段は日本円で850円くらいでした。

 

P1030351_600x800
自分への土産で買ってきたチンギス・ゴールド
なかなか勿体なくて開栓できない

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

ビール

モンゴルでもビールはとてもポピュラーなアルコール飲料です。ロシア系のビールが多いようですが、国内メーカーのビールもあります。さっぱり目で軽く飲める口当たりのものが多いようでした。

 

P1090835_800x600
ニースレス
癖のない飲みやすいビールだ

P1100069_800x600
釣り終わりに釣り場で飲むと格別においしい

P1090836_800x600
セングル
発泡酒のような感じのビールだった

 

P1050526
フルフレー

滝という名のビールだ

 

P1050289
チンギス
ウランバートルのレストランで生ビールを飲んだ

 

 

 

P1050311_2
ゴールデンゴビ

モンゴルではプレミアムな銘柄だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

アーロール

アーロールはチーズを乾燥させた乳製品です。これも釣り場近くの遊牧民に分けてもらいました。これもかなり臭いの強いチーズでしたが、口に入れると独特の風味があって嫌いな味ではありませんでした。

 

P1100478_800x600

アーロール
遊牧民が作った自家製の干しチーズだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »