« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

福州世祖胡椒餅

福州世祖胡椒餅(フーゾウシーズーフージャオビン)MRT松山駅近くの饒河街(ラオハージエ)夜市に本店がある胡椒餅の人気店で士林にも支店があります。かなりの人気店でピーク時には30分近く待たされることもあるようですが、この日は10人ほどの行列で並んで5分ほどで買うことができました。

 

P1010970_800x599
福州世祖胡椒餅
胡椒餅の超有名店だ

 

P1010959_800x600
隣の靴屋の前まで行列していた
これでもまだかなり短い方らしい

 

P1010961_800x600
手際よく窯で胡椒餅を焼いていた
餅は窯の壁面に張りつけて焼いていた

 

P1010964_800x600
焼きあがった胡椒餅は店頭で紙袋に入れて次々と客に渡されていた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

エビ釣り

士林市場の入り口にえび釣りの露店を見つけたので、釣り好きの血が騒いでチャレンジしてみました。

釣りと言っても餌を使うわけではなく、針をエビの身体にかけて釣り上げる引っ掛け釣りです。釣り糸が紙縒りでできているため、エビが大きく暴れるとすぐに切れてしまいます。エビに針をかけるまでは簡単なので、いかにエビを暴れさせずに引き上げるかが勝負になります。

料金は竿7本で100元(約400円)でした。釣ったエビはその場で串に刺して無料で焼いてくれます。2匹しか釣れませんでしたが、なかなか美味しいエビでした。

 

P1020003_800x600
エビ釣りの露店
熱心に釣る人と見学する人で賑わっていた

 

P1010995_800x599
料金は竿7本で100
日本語や英語の看板も出ていた

 

P1010997_800x599
水槽にはたくさんのエビが泳いでいた

 

P1010999_800x600
釣り針と釣り糸
餌で釣るのではなく引っ掛け釣りだ
糸は紙縒りなのでとても切れやすい

 

P1010996_800x600
を切られてしまったら新しい竿と交換してもらう

 

P1010998_800x600
尻尾の部分に針をかけて慎重に引き上げる
エビを暴れさせないのがコツだ

 

P1020004_800x600
釣ったエビはその場で焼いてくれる
なかなか美味だった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

士林市場

士林市場は士林夜市の中心的な建物です。一階と地下に小規模な店がたくさん入っており、一階は主に衣類や土産物を売る店が並び、地下はフードコートになっています。地下のフードコートには台湾のB級グルメを提供する店が軒を連ねています。

屋外の露天と比べて天候を気にする必要がないですし、衛生面でも安心度が高く、トイレも完備されていますので、気軽に夜市の雰囲気を味わうには最適の場所だと思います。

 

P1010994_800x600_2
士林市場
2011年に建てられた士林夜市の中心的な建物だ

 

P1010993_800x600
一階には土産物や衣類等を扱う店が多い

 

P1010990_800x599
建物の裏側からフードコートに降りていくこともできる

 

P1010988_800x600
フードコートへの近道の案内看板


P1010992_800x599
地下のフードコート
観光客や地元の人でとても賑わっていた

 

P1010991_800x601

トイレ等の案内もわかりやすく掲示してあった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

士林夜市

士林(シーリン)夜市は台北市内で最大級の夜市です。夜市とは夕方からオープンする露店街で、台湾ならではのB級グルメの食べ歩きや衣類、装飾品、土産物などの買い物などを楽しむことができます。特に士林夜市は露店だけでなく商店街全体が夜間も賑やかに営業を続けているので、様々な店を見て回ることができます。

士林夜市へはMRTの剣潭駅から歩いて5分程です。夜市の中心は地下に飲食店が集中している士林市場で、この市場の後方に商店街が広がっています。かなりの広さで、B級グルメの有名店が多いので、食べ歩きしながら見て歩くと、一晩では足りないかもしれません。

夜市を散策する際は、楽しくてつい気が緩みがちになりますので、念のためスリや置き引きには十分気を付けてください。

 

P1010954_800x600
士林夜市
台北で一番規模が大きな夜市だ

 

P1010994_800x600
士林市場
士林夜市の中心となる建物だ

 

P1010957_800x600
露店と商店がどちらも夜遅くまで営業している

 

P1010956_800x600
食べ物の店にはどこも人だかりができている

 

P1010971_800x600
サトウキビのジュースを売る屋台
看板にはハングルや英語も書かれていた

 

P1010972_800x600
衣類や装飾品の店も多い

 

P1010987_800x600
ゲームセンター
町全体が縁日のようだ

 

P1010989_800x599
狭い道の両側にたくさんの商品が展示されている
ライセンス関係が気になる品も時々見かけた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

欣葉台菜創始店の台湾料理(2)

欣葉台菜創始店で食べた台湾料理の続きです。

 

P1010940_800x599
切り干し大根入りオムレツ
代表的な台湾の家庭料理でこの店でも人気のメニューだ

 

P1010942_800x600
中はこんな感じだ

 

P1010937_800x600
炒飯
切り干し大根の漬物が味と食感のアクセントになっていた

 

P1010944_800x600
イカのすり身揚げ
頬張るとイカの風味が口いっぱいに広がった

 

P1010946_800x600
ピーナッツ餅
温かい餅にピーナッツの粉をまぶした人気デザートだ

 

P1010947_800x600
杏仁豆腐
ねっちりした食感が癖になりそうなおいしさだった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

欣葉台菜創始店の台湾料理(1)

欣葉台菜創始店で食べた台湾料理を紹介します。台湾料理は中国の福建省の福建料理をルーツに持ち、台湾の食材を使って作られるようになった台湾の郷土料理です。

大陸の中華料理と比べて油や辛さが控えめで、醤油や鰹節、椎茸等が多く使われていますので日本人の口にも合いやすい料理が多くあります。見た目の派手さはあまりありませんが、食べていて懐かしさを感じるような料理でした。

 

P1010934_800x600
カラスミの前菜
カラスミは台湾の特産物の一つだ

 

P1010936_800x600
一人前は二つだった
下に大根が敷いてあり上にはネギが載っていた

 

P1010935_800x600
豚の角煮
脂っこさがなく箸で崩せるくらい柔らかかった

 

P1010938_800x600
青菜炒め
火の通し具合がちょうどよかった

 

P1010939_800x600
海老のガーリック炒め
ビールが進む味だった

 

P1010941_800x599
ハマグリのスープ

ハマグリは小ぶりなものだがとても良い出汁が出ていた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

欣葉台菜創始店

欣葉(シンイエ)台菜創始店は台北にある台湾料理のレストランです。以前は大陸の中華料理と比べて、家で食べる普段のおかずだとみなされて人気のなかった台湾料理を、メジャーな料理のジャンルとして確立したのがこの店です。店内で結婚式が行われるなど格式もあり、接客や食器などもちゃんとしています。

そうした店ですので、地元の人たちにも観光客にもとても人気があり、いつも混雑しています。僕はツアーで訪れましたが、個人で行かれる際は予約をした方が良いと思います。

 

P1010951_800x600
欣葉台菜創始店
台湾料理をメジャーにした人気店だ

 

P1010949_800x600
店内の看板

 

P1010948_800x600
店内の様子
常に満席だった

 

P1010931_800x600
テーブルセッティング
食器は白で統一されていた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

二つのポスト

台北市内でも日本と同じように道路端に郵便ポストが設置されています。このポストが赤いものと緑色のものが二つ並んで設置されているのが台北の特徴です。赤と緑の違いは、赤が国際郵便と速達で、緑が通常の郵便物(台北市内とその他の地域向け)となっています。赤い色は昔の日本統治時代から使われていた色で、緑色は中国大陸で使われていたポストの色に由来しているそうです。

 

P1010895_800x600
台北市内には赤と緑のポストが並んで立っている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

占い横丁

行天宮前の交差点の地下道は降りていくと占いの店が並んだ占い横丁になっています。占いの方法は手相や四柱推命などなじみ深いものから、米粒や小鳥を使った珍しいものまであります。僕は日本でも占いをしてもらったことがないので、ここでもみてもらいませんでしたが、店によっては日本語も大丈夫なようですので、行天宮にお参りした後で占ってもらうのも旅の記念になるかもしれません。

 

P1010891_800x600
行天宮前の交差点を渡る地下道が占い横丁になっている

 

P1010892_800x599
地下道の片側にずらっと店が並んでいる

 

P1010893_800x601
日本語OKと看板を出している店もある

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

新年用の護符

台湾では旧正月で新年を祝います。僕が訪れたのは旧正月前だったので、境内では新年用の護符が配られており、多くの人が行列を作っていました。

 

P1010874_800x599
境内の長い行列
新年用の護符を求める人たちだ

 

P1010888_599x800
こうした護符が配られている

 

P1010889_800x599
テントの中で護符を受け取る人たち
配っているのはボランティアの方々だ

 

P1010890_800x600
皆大事そうに抱えて持ち帰っていた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

お参りのやり方

台湾では寺院や祠を参拝する際、日本とは異なったやり方でお参りします。行天宮では、観光客のために参拝方法を図解した看板が設置されており、その近くには教えてくれるボランティアの方もいらっしゃいます。

お参りの際は、まず正殿の逆側を向いて天の神様(天公)にお参りし、その後正殿に向かってお参りします。

お参りの際のお辞儀の仕方も男性と女性では異なり、男性は掌を下に向けて頭を下げ、女性は掌を上に向けて頭を下げます。この違いは陰陽道から来ているそうです。

 

P1010883_800x601
お参りのやり方を書いた説明看板
その奥に建っている青いベストを着た方がやり方を教えてくれる

 

P1010883_800x598
お参りの順序
まず天の神様にお参りするのが台湾流だ

 

P1010883_800x600
お参りの方法
男性と女性で掌の向きが異なる

 

P1010884_800x600
実際にお参りをしている人々
膝が着けるように台が置かれている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

行天宮

行天宮は、三国志で有名な関羽(関聖帝君)を始めとした5名の五聖恩主を祀った、儒教、仏教、道教の三教を習合した民間信仰のお宮です。地元では商売の神様として、とても人気があります。建物は立派で、細部の装飾も見事でした。

 

P1010873_800x600
行天宮の入り口
境内に入る際は左足から入るのが習わしだ

 

P1010878_800x600
前殿中門
石彫りの龍が巻き付いた柱の装飾が見事だ

 

P1010876_800x598
屋根の上にも様々な装飾が施されている

 

P1010875_800x599
瓦や軒下の装飾も美しい

 

P1010875_800x606
屋根の上の龍には火除けの意味もある

 

P1010877_800x599
鳳凰も飾られている

 

P1010881_800x599
中庭
中央には日差しをよけてお参りできるよう屋根が張られていた

 

P1010886_800x599
講書所
学問の道場としての役割も持っている

 

P1010882_800x600
奥に見えるのが正殿だ
関聖帝君などが祀られている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

ハローキティジェット(3)

ハローキティジェットはトイレの中もキティちゃんだらけでした。ここまで徹底しているとは思いませんでした。

 

P1010866_800x600
トイレに置かれているハンドローションのボトルにもキティちゃんが描かれていた

 

P1010867_800x599
消臭剤を置いてあるボックスも隠れキャラっぽいキティちゃん

 

P1010865_800x600
そしてトイレットペーパーにもキティちゃんがプリントされていた
ここまで徹底しているとは思わなかった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ハローキティジェット(2)

ハローキティジェットでは食事の際も随所にハローキティが登場しました。

 

P1010861_800x600
機内食
ナプキンの包装にはもちろんハローキティが描かれている

 

P1010862_800x600
ナイフやフォークの端にもキティちゃん

 

P1020705_800x600
ビールのコップにもキティちゃん

 

P1020702_800x599
トッピングのニンジンがよく見るとリボンの形をしていた

 

P1010863_800x600
デザートのケーキの上にはキティちゃんクッキー

 

P1020706_800x600
帰りの便ではイチゴチョコレートだった

 

P1010870_800x600
お菓子の包装や紙ナプキンにもキティちゃん

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »