« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

台北101(6) ショッピングモール

台北101の1階から5階はブランドショップなどが入店するショッピングモールになっています。中央部には広い吹き抜けが設けられていて開放的な造りです。

 

P1020340_800x600
ショッピングモール
中央が吹き抜けになっているので開放感がある

 

P1020420_800x600
吹き抜けの天井は採光窓になっている

 

P1020419_800x600_2
色々な高級ブランドが入店していた

 

P1020421_600x800
春節の飾りつけが華やかだった

 

P1020423_600x800
随所に中華的なデザインが取り入れられている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

台北101(5) ダンパー

高層ビルの大敵は地震や強風による揺れです。そうした揺れを制御するために、台北101にはチューンド・マス・ダンパーと呼ばれる巨大なウィンドダンパーが設置されています。このダンパーは直径5.5m、重さ660tもあり世界最大・最重量のものです。

ダンパーは92階から87階にかけてのビルの中央部に太いワイヤーロープで吊り下げられていて、その様子を間近で見ることができます。

このダンパーをイメージして作られた台北101のキャラクターがダンパーベビー(Damper Baby)です。展望台のいたるところでその姿を見かけました。

 

P1020363_800x600
ウィンドダンパー
これがビルの揺れを軽減させている
世界一の大きさだ

 

P1020376_800x600
ウィンドダンパーの説明書き
ビルの構造物を集客に利用してしまう発想が素晴らしい

 

P1020377_800x600
真横から見ると大きさがよくわかる
吊っているワイヤーも太い

 

P1020378_800x600
ダンパーの手前がダンパーベビー
台北101のマスコットキャラクターだ

 

P1020365_800x600
色ごとにキャラが違うらしい
戦隊ヒーローみたいだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

台北101(4) 展望台の売店

台北101の展望台には様々な売店が設けられています。有料で記念写真を撮る店や土産物を売る店の他に、ジェラートショップや高級宝飾品を扱う店までありました。

 

P1020356_800x600
記念写真を撮る店が熱心に呼び込みをしていた

 

P1020357_800x600
ジェラート屋
牛の立ち姿はインパクトが強かった

 

P1020368_800x600
マスコットグッズを売る店
その他にも色々な土産物を売っていた

 

P1020380_800x600
高級宝飾品を売る店
ここを通らないと下りのエレベーターに乗れない経路になっていた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

台北101(3) 展望台

台北101の展望台はビルの89階にあり、標高は382mになります。全面ガラス張りになった回遊式のフロアですので、台北市内を全方向見渡すことができます。ただ、僕が行った日はあいにくの雨模様で展望台は雲の中でした。かろうじて雲の切れ間から近くの建物が見えただけですが、それでも高さは十分に感じることができました。

91階には屋外展望台もあります。こちらも僕が行った日は悪天候のため閉鎖されていました。

日程に余裕があれば、台北101の展望台は好天の日に見学することをお勧めします。

 

P1020351_800x600

展望台

マスコットが出迎えてくれた

 

P1020352_800x600

あいにくの天気で視界不良だった

 

P1020371_800x600

他の観光客も所在なさげだ

 

P1020355_800x600

足元はかろうじて見えた

 

P1020361_800x600

周囲のビルよりかなり高いのが分かる

 

P1020369_800x600

時々雲が薄くなると少しだけ視界が開けた

 

P1020362_800x600  

足元がガラス張りになったエリアもあった

 

P1020375_800x600

屋上展望台は閉鎖されていた

 

P1020382_800x600

下りのエレベーターを待つ行列
収容人数の多いエレベーターなのですぐに乗れた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

台北101(2) 展望台への行き方

台北101の展望台に行くためにはまず5階まで上がり、そこで入場券を購入して専用エレベーターで89階まで上ります。チケットは20185月現在大人800NT$(約3000円)です。チケットカウンターからエレベーターまでの間には市内風景のミニチュアなどが展示されていて気分が高まります。

展望台まで上がるエレベーターは2005年の開業当時は世界最速を誇りました。その速度は分速1010mにもなります。エレベーターが動き始めると速度が表示されますが、体感的にはとてもスムーズに上昇していくので体感的には感じにくい速さでした。

 

P1020338_800x600
台北101の入口
春節用の飾りつけが華やかだった

 

P1020339_800x600
案内に従って5階まで進む

 

P1020341_800x600
チケット売り場は5階にある

 

P1020342_800x599
それほど混んではいなかった

 

P1020343_800x600
エレベーター乗り場までは展示を見ながら進む

 

P1020344_800x600
街のミニチュアが展示されていた

 

P1020345_800x600
エレベーター乗り場
少し前まで世界最速のエレベーターだった

 

P1020348_800x599
エレベーターの中の表示
分速1010mの最高速度が表示されている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

台北101(1) 概要

台北101は台北市内に建つ台湾で最も高いビルです。地上フロアが101階あるので台北101と名付けられました。外観は8層ごとに「節」があり、竹をイメージした造形となっています。この節も8つあり、これは中華思想で8は最も縁起の良い数字であることに由来します。建てた場所も台北市内で風水上、最も運気の良い場所をされていて、単に高いだけでなく、とても縁起の良い建物として人気を博しています。

ビルの89階には展望台があり、台北市内を一望することができます。地下1階から5階は商業施設となっていて、高級ブランドやレストラン、フードコートや土産物店などが入店しています。

台北を訪れた際は必ず訪れるべき場所の一つです。

 

P1020427_600x800
台北101
台湾で一番高いビルだ

 

P1020337_800x600
風水や中華思想を取り入れたデザインになっている

 

P1020367_800x600
89
階の展望台から見た景色
僕が訪れたときは残念ながら雲の中だった

 

P1020419_800x600
5
階まではショッピングモールになっている

 

P1020412_800x600
地下1階にはフードコートや食品売り場などがある

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

御籤の引き方

龍山寺などの台湾の寺院や廟にも日本と同じような御籤があります。ただ引き方は日本とはかなり異なっていますので紹介しましょう。

1.まず、赤い三日月型の木片、杯(ジャオベイ)一対を両手に挟み、名前、住所、生年月日を胸中で告げた後、願い事を唱えます。この際、願い事は一つにしてできるだけ具体的なほうが良いとされています。

2.次に御籤を引いても良いかお伺いを立て、ジャオベイを床に落とします。ここで表と裏が出れば神籤を引きます。表と表や裏と裏の場合はやり直します。

3.御籤の引き方は、番号の描いてある竹棒の束から一本引き出し、再度お伺いを立てるためにジャオベイを床に落とします。ここで表と裏が揃わない場合は、竹棒を選びなおしジャオベイでお伺いを立てます。

4.表と裏が揃ったらその番号の神籤を引き出しから取り出します。

 

P1040064_800x600
ジャオベイと番号が書かれた竹棒
台湾で神籤をひく場合、ジャオベイでお伺いを立てる必要がある

 

P1020316_800x600
ジャオベイ
一対を手に取って床に落とす

 

P1020317_800x599
このように表と裏が揃えばOK

 

P1020319_800x600
御籤はこの引き出しの中に入っている

 

P1040067_800x602
台湾の御籤
左端の「中中」は中吉の意味だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

龍山寺(3)

本殿の裏手左端に祀られている道教の神様が月老神君(月下老人)様です。縁結びの神様として若い女性を中心に絶大な人気を博しています。この神様にお参りして、廟の前に置かれている赤い糸をお守りとして身に付けておくと良縁に恵まれると言われています。

 

P1020333_800x599
本殿の裏手左端にいらっしゃるのが月老神君様

 

P1020334_800x599
縁結びの神様として人気がある

 

P1020335_800x600
この赤い糸を身に付けていると良縁が叶う

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

龍山寺(2)

本殿の裏手には多くの道教の神様が祀られていています。道教の神様にはそれぞれ得意分野があるので、その時の願いに応じてお参りする神様を選んでお参りするのが台湾流です。なかでも中央に祀られている天上聖母(媽祖)様や受験の神様である文昌帝君様、安産の神様である註生娘娘様などが特にお参りする人が多いようです。

 

P1020328_800x600
本殿裏手には道教の神様が祀られている

 

P1040069_800x600
右端が文昌帝君様
学問の神様だ

 

P1020330_800x602
中央が天上聖母様
元々は航海の安全を願う神様だ

 

 

P1020332_800x599
中央左手の註生娘娘様
安産や子宝祈願の神様として人気がある

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

龍山寺(1)

龍山寺は台北で最も古い仏教寺院で、建立されてから300年近く経ちます。本尊は観世御音大菩薩(観音様)で、本殿には観音様の他、文殊菩薩、普賢菩薩などが祀られています。さらに、本殿の裏手には文昌帝君、天上聖母、註生娘娘など多くの道教の神様も祀られているのがこの寺の特徴です。

第二次世界大戦の空襲で寺が破壊されても本尊の観音様は無傷で、その後の空襲では神能様の近くに避難した人々は難を逃れることができたことから、今でお地元の人々から厚く信仰されています。僕が訪れた日はあいにくの雨でしたが、それでも境内には多くの人が訪れ熱心に祈りを捧げていました。

台湾の寺院は、正門右手の竜門から入り、左手の虎門から出るのが正しい参拝の手順です。ただ、この時は正門が開いていたのでそこから入りました。

 

P1020313_800x600
龍山寺
台北で最も古い仏教寺院だ

 

P1020314_800x599
正門

 

P1020324_800x600
境内
雨だったので軒下で多くの人が祈りを捧げていた

 

P1020326_800x601
台の上には色々なお供え物が並んでいた

 

P1020323_800x601
本殿

 

P1020323_800x603
本殿中央正面に観音様が祀られている

両脇の銅製の龍柱も見事だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

故宮晶華(3)

故宮晶華ではツアー限定のコース料理を食べました。前回紹介した白菜の蒸し物以外には、焼売、餃子、春巻などの点心やトウモロコシのスープ、海老炒飯などの定番メニューが出てきました。どれも優しくて奥深い味でした。デザートの杏仁豆腐もとてもおいしかったです。

 

P1020165_800x600
メニュー
ツアー限定のものだった

 

P1020167_800x600
スープ

 

P1020168_800x599
焼売と餃子

 

P1020169_800x599
揚げ春巻

 

P1020176_800x599
海老炒飯

 

P1020180_800x599
杏仁豆腐

 

P1020178_800x599
フルーツ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

故宮晶華(2)

故宮晶華の名物料理が、故宮博物院の展示品の翡翠白菜を模した白菜の蒸し物です。白菜の上にはイナゴに見立てたエビが乗っていました。味は淡泊で抜群においしい物ではありませんでしたが、とても印象的な料理でした。これ以外に僕は食べませんでしたが、瑪瑙でできた豚肉を模した豚の角煮もあるようです。

 

P1020170_800x599
翡翠白菜を模した白菜の蒸し物
白菜をわざわざこのサイズに育てているのだろう

 

P1020174_800x599
横から見たところ

器も専用のものだ

 

P1020064_800x600
ちなみに本物はこちら

 

P1020175_800x599
そのままでは食べにくいので二つに割ってから食べた

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

故宮晶華(1)

故宮晶華は故宮博物院の敷地内に建っている中華料理店です。台北屈指の高級ホテルであるリージェントが運営しています。店内の様子もスタッフのサービスも洗練されていて、居心地の良いレストランでした。僕は参加したツアーにここでの昼食が組み込まれていたので利用しました。人気店ですので、個人で食事をとる場合は予約したほうが良いかもしれません。

 

P1020163_800x599
故宮晶華
故宮博物院内にある中華料理店だ

 

P1020182_800x600
入り口までは階段を上がっていく

 

P1020181_800x600
入り口

 

P1020166_800x600
店内の様子

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

故宮博物院(21)ガイドマップ

ご参考までに故宮博物院のガイドマップの画像をアップしておきます。

行かれる際は最新のものをこちらからダウンロードしてご利用ください。

※各画像はクリックすると拡大されます。


Map1_2


Map2_2


Map3_2


Map4_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

故宮博物院(20)トイレの性別表示

故宮博物院のトイレの性別表示のデザインが可愛かったので写真に収めてきました。かわいらしくて僕はとっても気に入りました。

 

P1020160_800x601
故宮博物院の男性トイレの表示

 

P1020160_800x606
こちらは女性トイレ
どちらもとてもかわいらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »