« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月15日 (日)

鶏肉飯

鶏肉飯(ジーローハン)は大きめな茶碗に盛ったご飯の上に細かく裂いた柔らかな鶏肉をかけた丼飯です。さっぱり目の味付けで鶏出汁が効いたタレもかかっているので、箸が止まらなくなる丼でした。

 

P1020530_800x600_2

方家鶏肉飯の鶏肉飯
さっぱり目の味付けでとてもおいしかった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

方家鶏肉飯

方家鶏肉飯は寧夏夜市にある人気屋台です。看板メニューは店名にもなっている鶏肉飯(ジーローハン)で、他には台湾を代表するB級グルメの魯肉飯(ルーローハン)も人気があります。どちらも大きめな茶碗に盛ったご飯の上に具をかけた丼飯で、価格は30元(約120円)と安価でした。注文は席について卓上のメニューを指させばOKです。

 

P1020535_800x601
方家鶏肉飯
寧夏夜市の人気屋台だ

 

P1020538_800x600
イートインスペースは常に席が埋まっている

 

P1020536_800x600
持ち帰りする人も多い

 

P1020527_800x600
メニュー看板
ご飯物以外にスープや青菜炒めもある

 

P1020529_800x600
卓上にもメニューが置かれている

 

P1020528_800x601
卓上の漬物
好きに食べてよい

 

P1020530_800x600

鶏肉飯
この店の看板メニューだ

 

P1020533_800x600

魯肉飯
台湾を代表するB級グルメだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

蚵仔煎

蚵仔煎(オアチェン)はいわゆる牡蠣オムレツですが、オムレツと言っても小麦粉が入っているのでトロンとしたもんじゃ焼きに近い食感です。上にかかっているソースはとろみの付いた甘めなもので万人受けする味付けになっています。人気店、賴記雞蛋蚵仔煎での値段は一つ65(250)でした。

 

P1020519_800x601
蚵仔煎
牡蠣オムレツにとろみの付いた甘めなソースがかかった台湾の人気メニューだ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

賴記雞蛋蚵仔煎

賴記雞蛋蚵仔煎は民生西路の寧夏夜市の入り口付近にある食堂で、店の名前にもなっている牡蠣オムレツの蚵仔煎(オアチェン)が看板メニューの人気店です。店の正面には目立つ看板が出ており、たいてい行列ができていますので店を見つけるのは容易だと思います。

イートインスペースは調理場の左横の床屋のさらに左側になります。まず調理場の店頭で注文して代金を払い、イートインスペースで待っていると料理が運ばれてきます。メニューは蚵仔煎以外にいくつかありますが、地元の人もみんな蚵仔煎を食べていました。

 

P1020524_800x599
賴記雞蛋蚵仔煎
蚵仔煎が人気の行列店だ

 

P1020514_800x600_2
店の横の看板

 

P1020517_800x601
店頭で注文と会計をするシステムだ

 

P1020525_800x599
メニュー
ほとんどの人が蚵仔煎を注文していた

 

P1020521_800x600
イートインスペースは床屋を挟んだ左側にある

 

P1020520_800x602
イートインスペースの様子

 

P1020518_800x600
蚵仔煎
オムレツと言うよりもんじゃ焼きに近い食感だった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

寧夏夜市

寧夏夜市(ニンシャーイエシー)はMRTの雙連駅が最寄りの夜市で、B級グルメの屋台が立ち並ぶことで有名です。夜市のスタートは午後5時過ぎで、日付が変わる頃まで賑わっています。

 

P1020541_800x600
寧夏夜市
食べ物屋台が立ち並ぶ夜市だ

 

P1020540_800x601
かなり遅い時間まで賑わっている

 

P1020526_800x601
パパイヤ牛乳が人気の童年
この日は気温が低めだったので飲まなかった


P1020593_800x600
昼間の寧夏夜市の会場
夜の喧騒は想像できない

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

角質取り

ウインザーマッサージ店では足裏の角質取りのメニューもあります。僕は足裏の角質が厚くならないほうなので受けず、同行者が隣の席で受けていたのを見ていました。熟練したスタッフが細いカミソリのような刃物を使って足裏の角質を起用に削り落としていました。施術を受けた同行者は、施術後に足裏がすべすべになったと喜んでいました。

 

P1020500_800x601
ウインザーマッサージ店の角質取りの様子
細い刃物で器用に削り落としていた

 

P1020502_800x601
台の上にはかなりの量の角質が落ちてきていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

ウインザーマッサージ店

ウインザーマッサージ店は台北市内の民生西路にあるマッサージ店です。僕はここで足裏マッサージを受けてきました。台湾の足裏マッサージと言えば、棒状の器具で足裏のツボを刺激する痛みの強いマッサージを連想しがちですが、この店のマッサージはどちらかと言うとソフトでとても気持ちの良いものでした、ただ、僕は痛いマッサージを想定して施術を受けたので、少々物足りない気もしました()

 

P1020484_800x600
ウインザーマッサージ店
民生西路にある台湾式のマッサージ店だ

 

P1020506_800x600
受付の様子
受付のスタッフは日本語も大丈夫だ

 

P1020510_800x600
スタッフは日本語の書いてあるベストを着ている

 

P1020493_800x600
足裏マッサージの様子
想像していたほど痛くなかった

 

P1020489_800x600
とても丁寧に施術してくれた

 

P1020492_800x600
マッサージが終わった足はタオルで包んでくれる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

平安亀

迪化街にある中華菓子の老舗、李亭香餅店の看板商品です。胡麻餡をピーナッツ餡で包み、亀の形に仕上げてあります。甲羅の中央には寿の文字も入っていて、縁起物として台湾の人に大人気です。しっかりした噛み応えとピーナッツの濃厚な風味が癖になる美味しいお菓子です。

 

P1020730_800x600
平安亀のパッケージ

 

P1020732_800x600
由来が書いてある

 

P1020733_800x600
中には個包装された平安亀が入っている

 

P1020743_800x600
平安亀
縁起の良い菓子だ

 

P1020752_800x599
断面

ピーナッツ餡の中に胡麻餡が入っている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ