イタリア・チンクエ・テッレ

2013年4月 6日 (土)

チンクエ・テッレからフィレンツェへの帰路

さて、早朝にフィレンツェを出発してチンクエ・テッレの集落を巡ってきましたが。そろそろ帰る時刻となりました。今回はチンクエ・テッレのモンテロッソからフィレンツェまでの帰路を紹介します。

帰りの列車も30分から1時間に一本程度あります。このブログでは何度も書いていますが、列車に乗る前に駅の打刻機で切符に打刻することを忘れないでください。

P1010086
ホームにある打刻機

乗車前に打刻するのを忘れてはならない

帰路は往路の逆ルートになります。まずラ・スペツィアでピサ往きに乗り換え、ピサでフィレンツェ往きに乗り換えます。ラ・スペツィアもピサもホームの数が多い駅名ので、電光掲示板で列車番号と行き先を確認して乗り換えてください。

僕の場合は17時にモンテロッソを出発して、17時15分にラ・スペツィアに到着。ラ・スペツィアを18時15分に出発してピサに19時に到着。そしてピサを19時10分に出てフィレンツェに20時に戻ってきました。

P1010092
乗り換えのラ・スペツィアの駅

定刻より10分ほど遅れてピサ往きの列車がやってきた

P1010093
車内の様子

帰宅時間帯だが特に混雑している様子もなかった

P1010098
乗り換えのピサ駅

夕闇が迫ってきた

イタリアのレストランは遅くまで営業しているので、この時刻からでも夕食には十分間に合います。さあ、今日はどこで何を食べましょうか?

P1010099
20時過ぎのフィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ広場

チンクエ・テッレの思い出に浸りながら夕食をとることにしよう

ほぼ1年に渡って書いてきたイタリアの話題は今回で一段落です。長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。

次回からは、趣を変えて南米ブラジル、マナウスの街を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

ビーチ・バーのジェラート

イタリアはどんな集落にもほぼ必ずジェラテリアがあります。モンテロッソ駅前の海岸にもビーチ・バーの一角にジェラテリアがありました。

P1010080
モンテロッソの海岸沿いに建つビーチ・バー

店の一角がジェラテリアになっている

ショーケースに並んだジェラートにはイラスト入りのプレートが刺してあり、イタリア語が不自由でも注文しやすくなっていました。この辺りはリゾート地らしいところです。

P1010079_2
ショーケースに並ぶジェラート

イラスト入りのプレートが刺してあるので注文しやすい

港から歩いてきて甘いものが欲しくなっていたので、さっぱり目のレモンとピーチのジェラートを注文しました。

P1010078
レモンとピーチのジェラート

疲れが吹き飛ぶおいしさだった

イタリアはどこで食べてもジェラートがおいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

シャケトラ入りチョコレート菓子

チンクエ・テッレの土産物屋でこんなチョコレート菓子を見つけました。

ウィスキーボンボンのように、チョコレートの中にチンクエ・テッレ特産のデザートワイン、シャケトラを入れたものです。

P1010244
シャケトラ入りのチョコレート菓子

シャケトラの風味はチョコレートと合わせても十分際立っていた

チョコレートの甘さとシャケトラの風味豊かな甘味がマッチして、とても嬉しくなる味でした。一袋10ユーロ程度でしたので、ちょっと珍しいスイーツ系のお土産を探している方にはぴったりかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

リモンチーノ

リモンチーノ(Limoncino)はチンクエ・テッレのエノテカや土産物屋で売られているレモンのリキュールです。

P1000991_2
土産物屋の店先で売られているリモンチーノ

お洒落な瓶に入っているものも多い

イタリア産のレモンリキュールと言えば、南イタリアで作られているリモンチェッロが有名ですが、チンクエ・テッレのあるリグーニア州で作られているレモンリキュールはリモンチーノと呼ばれています。

チンクエ・テッレのエノテカでリモンチーノとリモンチェッロの違いを聞いたところ、チンクエ・テッレで作られているリモンチーノは甘さを抑えてあるので、飲み終わりがさっぱりしていると話してくれました。

実際に飲み比べてみると、リモンチーノの方が甘さを抑えてある味でした。そのためか、リモンチェッロは冷凍庫に入れても凍りませんが、チンクエ・テッレで買って帰ったリモンチーノは冷凍庫に入れたら凍ってしまいました。

P1010243
土産に買って帰ったリモンチーノ

糖分が少ないためか冷凍庫に入れたら凍ってしまった

甘くておいしいリキュールですので、チンクエ・テッレを訪れたらぜひ買って帰ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

エノテカ・チンクエ・テッレ

エノテカ・チンクエ・テッレ(Enoteca 5 Terre)はモンテロッソ駅の並びにあるエノテカです。

それほど広くない店内ですが、ワインやリキュール、その他土産物などの品揃えは十分です。モンテロッソ駅から宿泊地へ帰る場合は、ここで買い物をすれば便利でしょう。

隣は系列のワインバーになっています。僕は入店していませんが、列車に乗る前に一杯飲みたい場合には良い立地だと思います。

P1010077
エノテカ・チンクエ・テッレ

小さい店だが品揃えは豊富だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

モンテロッソ駅

モンテロッソの駅は海岸沿いの道に沿ってあります。入口には目立つ看板もなく、どことなく野暮ったい感じの駅です。せっかくのリゾート観光地なのに、こうした飾りっ気のないあたりもイタリア気質なのでしょうか?

P1010085
モンテロッソ駅の入り口

リゾート観光地の駅にしては野暮ったい感じだ

ホームに上がると観光案内所があります。ジェノヴァ方面からチンクエ・テッレを訪れる場合は、この駅がチンクエ・テッレの玄関口になるので、午前中などはこの案内所も混雑するのでしょう。

P1010076
ホームにある観光案内所

この駅は北方面からのチンクエ・テッレの玄関口だ

ホームは複数ありますので、ここから列車に乗る場合は、小さい駅でもホーム番号の確認を怠らないでください。

P1010075
モンテロッソ駅のホーム

ホームが低いのもイタリアの駅の特徴だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

港から駅までの道

モンテロッソ・アル・マーレの集落は港から駅までかなり距離があります。ゆっくり歩くと20分近くかかるほどです。

港からは右方にメインの集落が見えますが、駅に向かう時はそちらに行かず、岬の下をくぐるトンネルを抜けて左方向へ向かいます。

P1010072
港から見たメインの集落
駅はこの集落ではなく岬の反対側にある

道は海岸沿いを通っています。海岸は砂浜になっていて、夏場はパラソルが広がり海水浴場として賑わっています。山側には素敵な建物が並んでいます。いかにも地中海のリゾート地といった雰囲気です。

P1010073
トンネルを抜けて海岸に沿いの道を歩く

砂浜がずっと続いている

P1010082
モンテロッソ・アル・マーレの海岸

夏場は海水浴場として賑わっている

P1010083
道沿いの建物

リゾート地らしい建物が並んでいる

やがて山側に駅が見えてきます。駅の様子は次回紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

モンテロッソ・アル・マーレの漁船

定期船が着いたモンテロッソ・アル・マーレの港に漁船が停泊していました。

よく見ると、漁に使う漁具のカラフルな浮き玉がサッカーボールの模様になっていました。さすがはサッカー大好きなイタリア人です。彼らのこういう洒落っ気が僕は大好きです。

P1010071_2
港に停泊していた漁船

浮き玉がサッカーボールの模様になっていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

ヴェルナッツァからモンテロッソ・アル・マーレへ

モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Male)まではヴェルナッツァから船で10分ほどです。これまでの航路より少し沖合を通ってモンテロッソ・アル・マーレへ向かっていきます。

P1010060
ヴェルナッツァの船着き場にやってくる船

この日は波が穏やかで船での移動が気持ち良かった

モンテロッソ・アル・マーレの集落は大きく突き出た岬で二つに分断されています。海から見て右側は入り江になっていて、集落の中央には教会の鐘楼が建っています。岬の左側には海に面して砂浜が広がっています。その浜に沿って建物が立ち並んでいます。どちらの浜も海水浴場として賑わいを見せています。

P1010062
沖から見たモンテロッソ・アル・マーレの集落

大きく突き出た岬で二つに分断されている

P1010065
岬の右に広がる集落

中央に教会の鐘楼が見える

岬の先端にはこの集落のランドマークとなっているアウローラの塔(Torre Aurora)が建っています。船は岬の右脇にある港に着きます。

P1010064
岬の先端に建つアウローラの塔

この集落のランドマークだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

ヴェルナッツァ駅

ヴェルナッツァの駅はローマ通りの横にあります。駅から集落へのアクセスが良いのもヴェルナッツァの魅力でしょう。

線路やホームはローマ通りの上にあります。ホームに上がるとローマ通りの様子を見渡すことができます。

P1010052
ヴェルナッツァ駅

ローマ通りから直接ホームに上がれる

P1010053
ヴェルナッツァ駅のホームから見た風景

ローマ通りが見渡せる

| | コメント (0) | トラックバック (0)