ニュージーランド・ロトルア

2013年8月30日 (金)

ロトルア空港

ロトルア空港(Rotorua Airport)はロトルアの中心部から西に10分ほど走ったロトルア湖畔にあります。小さなローカル空港です。発着便数も1日合計20便程度です。

ターミナルは平屋造りの建物で、内部にはレンタカーの案内所と土産物を扱う売店、それにカフェがあるだけです。

P1000611
ロトルア空港のターミナルの建物
平屋造りの簡素な建物だ

P1000925
出発ロビーの様子
ロビーには売店とカフェが一軒ずつある

もちろん、ボーディングブリッジなどの設備はありません。搭乗ゲートの先は滑走路となっています。搭乗客はゲートを出たら歩いて航空機に向かい、タラップを上がって乗り込みます。

P1010967
搭乗ゲート
乗客は歩いて飛行機まで向かう

ニュージーランド・ロトルアの話題は今回で終了します。

今週初めにソウルに行ってきたので、次回からはまたソウルの話題を追加アップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

パーキングメーター

ロトルアの商店街の道路は、両側がパーキングメーターになっています。数はかなりありますが、日中は駐車車両が多いので空いている場所を探して少し走る必要はあるかもしれません。

P1000017
ロトルア中心部の道路
両側はパーキングメーターになっている

P1000016
商店の前にあるパーキングメーター
目的の店の近くに停められればラッキーだ

パーキングメーターの使用方法はとても簡単で、車を止めたら党外のメーターに駐車料金をコインで投入するだけです。この際、日本とちょっと違うのは駐車予定時間によって料金が違うところです。各自が自己申告で駐車時間に応じた料金を投入して利用しています。不思議なほど料金未納になっているメーターを見かけません。ニュージーランドのドライバーはとてもフェアなようです。

P1000018
パーキングメーター
料金は時間によって異なっている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

ニュージーランドの花々

春(11月頃)のニュージーランドを旅行していると、街中はもちろんのこと移動中の国道沿いなどで多くの花々を見ることができます。

今回はそうした春のニュージーランドを代表する花々を紹介しましょう。

まず一番目にする機会が多いのが道沿いによく咲いているブルーム(日本名エニシダ)です。黄色い花を枝一面につけて道路脇に群生しています。僕はこの花を見るとニュージーランドに来たことを実感します。

P1000081
ブルーム
春のニュージーランドを代表する花だ

P1040244
ブルームの花

濃い黄色の花が枝一面に咲いている

道端の所々にシュロの木のような独特な形状の植物を目にすることがあります。これは現地ではキャベッジ・ツリー(キャベツの木)と呼ばれている植物です。見かけによらず(?)、花からはとても良い香りが漂ってきます。根や葉は先住民マオリの食用だった植物で味がキャベツに似ている所からこのような名前になったようです。

P1040371
キャベッジツリー

見かけによらず花は良い香りがする

橋の上から河原を見たり、川のそばを歩いたりすると目にするのがルピナスです。ニュージーランド原産の植物ではありませんが、種が川の流れで運ばれて川沿いに繁殖しています。最近では増殖し過ぎてしまい、本来の生態系を脅かしているとして問題になっています。

P1000713
ルピナス

河原一面に群生するほど繁殖力が強い

森の中や道路沿いでピンク色をした花を茎の先にたくさん咲かせているのはフォックスグローブです。この花もニュージーランドの固有種ではなく外来種です。美しい花ですが強心剤にも用いられる猛毒成分を含有していますので安易に触れたり口に含んだりしないでください。

P1000792
フォックスグローブ

美しい花だが毒がある

11月のニュージーランドは花の宝庫です。ニュージーランド旅行を計画されるのならこの時期が一番のお薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

マヌカハニー

マヌカハニー(Manuka Honey)はニュージーランド原産のマヌカの花からとれる蜂蜜です。他の蜂蜜とは異なる独特の風味があり、トロットした透明な液体状ではなく、通常は不透明のペースト状をしています。

P1040423
マヌカの木
この花からとれる蜂蜜には強い抗菌力がある

マヌカハニーには強い抗菌作用があると言われていて、現地では医療現場でも使われています。

P1020903
マヌカハニー
様々な種類のものが土産物屋に並んでいる

土産物屋の店頭に並んでいるマヌカハニーを見ると、価格が安いものから高いものまであります。この大きな違いはそのマヌカハニーの抗菌力の強さによります。マヌカハニーの抗菌力はUMF、MGOといった単位で表わされています。

UMFは昔から使われている単位でUnique Manuka Factorの略で、マヌカハニーの抗菌力の強さを消毒薬に換算した値です。一方のMGOはマヌカハニーに含まれる抗菌作用を示す物質Methylglyoxalの量を示す単位です。どちらも値が大きいほど抗菌作用が強いことを意味します。両者の大まかな関係はUMF10=MGO100くらいです。

こうした数値が高いものは高い抗菌力が期待できますが、味としては独特の風味が強くなり好き嫌いがはっきりしてくるでしょう。日常的に使う蜂蜜として購入するならUMF15以下のものが良いと思います。

日本で買うよりかなり安価ですので、重たいお土産になりますがスーツケースに余裕があればぜひ購入して持ち帰ってください。数年は日持ちしますので重宝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

ジェイドファクトリー

ジェイドファクトリー(Jade Factory)はロトルアの中心部にあるジェイド(ヒスイ)の専門店です。

P1000015
ジェイドファクトリー
ジェイド製品の専門店だ

ニュージーランドは昔から良質のジェイドが算出することで知られています。先住民のマオリもジェイドを聖なる石として珍重してきました。なお、現地ではジェイドのことをグリーンストーンという場合もあります。

ジェイドファクトリーではこのジェイドを使った装飾品や置物などが豊富に陳列されています。安売り店ではありませんが、品質的には土産物店とは比べ物ならないほど良質です。

一般的な土産好適品はペンダントでしょう。マオリのデザインを反映させたスタイルのペンダントが何種類もあります。それぞれに意味のあるデザインですので、デザインの意味を確認して買い求めるとよいでしょう。

P1020885
ジェイド製のペンダント
デザインにはマオリに伝わる意味がある

僕が良く買い求めているのは小さな置物です。キウィバードやその他ニュージーランドにゆかりのある動物の置物を毎年のように購入して自分への土産にしています。

P1020905
キウィバードの置物
毎年微妙にデザインが変わっている所が面白い

P1020906

各種動物の置物
石質もそれぞれ微妙に異なっている

最近では安価な外国製品も土産物屋の店頭に並んでいます。ニュージーランド産のジェイドにこだわるのなら、信頼のおける店で買い求めることをお薦めします。

なお、オークランド空港の出発ロビーにもジェイドのアクセサリーを扱っている店はあります。もし、ロトルアで買い損なったら空港で探してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

マクドナルドのキウィバーガー

ニュージーランドにも至る所にマクドナルドがあります。ロトルア近郊では国道沿いに大型の店舗が建っています。

P1000014
ロトルア郊外の国道沿いにあるマクドナルド
ニュージーランド国内に多くの店舗がある

キウィバーガー(KIWIBURGER)はニュージーランド限定のメニューです。キウィと銘打っていますが、キウィフルーツは使っていません。ハンバーガーパテの上にはレタスと赤紫色のビーツ(砂糖大根)の輪切りがトッピングされています。このビーツはニュージーランドの料理によく出てくる野菜で、これが入っているのがキウィバーガーのオリジナリティーになっています。

Dscf1239
キウィバーガーの外箱
なかなかかわいらしいデザインだ

Dscf1238
キウィバーガー
ビーツがトッピングされている点が目新しい

機会があればニュージーランドオリジナルのバーガーをぜひ味わってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

ゴールドスターベーカリー

前回紹介したオッピーズがチップスでの入賞常連店なら、今回紹介するゴールドスターベーカリー(Goldstar Bakery)はニュージーランドパイコンテストの入賞常連店です。

店はロトルアの国道沿い、オークランド方面へ向かう車線側にあります。テイクアウト専門の店です。

P1040410
ゴールドスターベーカリー
国道沿いにあるパイのおいしいベーカリーだ

この店でのお薦めはもちろん各種のパイです。どれも結構ボリュームがありますので一つ食べればお腹いっぱいになるでしょう。パイの中でも特にお薦めしたいのがミンス&チーズパイです。中に詰められた挽肉の味付けがとても良く、チーズの風味も効いていて、食べ始めると止まらなくなるパイでした。

P1040413
ミンス&チーズパイ(左)とベーコンマッシュルームクリームソースパイ(右)
どちらもボリュームたっぷりのとてもおいしいパイだった

こうしたパイはニュージーランドらしい軽食です。機会があればぜひ食べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

オッピーズ

今回からはロトルアのおいしいものを紹介します。と言っても、僕は昼食しかとったことがないので、ファストフード的な店ばかりですがご容赦ください。

まず紹介するのはオッピーズ(Oppie’s)です。チップス(フライドポテト)のおいしい店として賞を毎年とっている店です。店はロトルア市街地の南の外れ辺りにあります。中心部からは車で5分ほどです。

P1000615
ロトルアの街外れにあるオッピーズ
チップスなどの揚げ物がおいしい店だ

この店はテイク・アウェイ専門店です。僕はできたてを受け取ると、ロトルア湖畔の公園や国道脇の休憩スペースで食べています。

店内に入るとカウンターの上にメニューが張り出されていますし、メニューが書かれたパンフレットも置いてあります。

P1010684
店内の様子
カウンターの上にメニューが掲示されている

P1000614
壁に貼られている表彰状
チップスがおいしい店として毎年のように入賞している

僕のお薦めメニューはフィッシュ&チップスです。特にフレッシュスナッパー(獲れたてのマダイ)が入荷していればこれが一番のお薦めです。揚げたてのフィッシュフライにレモンを絞って食べれば、とたんに幸せな気分になれます。

P1010687
フレッシュスナッパーのフィッシュ&チップス
魚もチップスもどちらもとびきりおいしい!

P1040455
こちらはフィッシュバーガー
揚げたて出来たてを提供してくれるのが嬉しい

ロトルアで軽食が食べたければこの店を推薦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

ロトルア湖

ロトルア湖(Lake Rotorua)は火山の噴火口にできた、ニュージーランドで二番目に大きな湖です。ロトルアの街はロトルア湖の南岸にあります。

ロトルア市街地の湖に面した場所は公園になっています。無料の駐車場もありますので多くの人が訪れる場所となっています。

P1040192_2
ロトルア湖に面した公園
毎日多くの人が訪れている

P1040195
湖岸にはたくさんの水鳥がいる
鳥への餌やりは禁止されている

ロトルア湖には周遊道路がありますので、湖岸をドライブするのも楽しい時間です。ロトルア市街地付近とは違う静かな美しさを堪能することができます。

Dscf1386
晴天のロトルア湖
晴れた日は湖面の色が特に美しい

Dscf1375
小川が流れ込む湖岸の風景
心が洗われる景色だ

Dscf1388
湖に面して建つ家々
水位の変化が少ないので湖岸に面して家が建っている

また、僕は体験したことがありませんが湖を周遊する遊覧船や、湖に浮かぶ島を訪れる観光ツアーも用意されています。釣りを楽しむこともできますので日程に余裕があれば色々な楽しみ方をしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

ポリネシアンスパ

ポリネシアンスパPolynesian Spa)は温泉入浴施設です。ロトルア湖畔にあり、ロトルアの中心部から車で2,3分の近距離です。

施設内には多彩な屋外の入浴施設の他、施術が受けられるスパも併設されています。入浴施設は水着を着て利用するタイプで男女共用になっています。水着は施設で借りることもできます。(保証金を預けるシステムです)

P1040441
ポリネシアンスパ
ロトルアを代表する温泉入浴施設だ

入浴施設には家族用、一般用、デラックス、プライベートの4種類があります。僕のお薦めは少々高めですがデラックスです。団体観光客などが少なく湖畔の露天風呂にのんびり浸かることができます。また、ロッカーやシャワールームは広々としたものが男女別に用意されていますし、飲み物が注文できるラウンジも利用できます。

P1040453
ロッカールーム
デラックスのロッカールームやシャワーブースは広くて快適だった

風呂は日本で言えば岩風呂チックなものが湖畔に並んでいます。それぞれ微妙に温度が変えてありますので好みの温度の風呂を利用することができます。お湯はほんのり硫黄の匂いがします。水着を着て温泉に入るのは最初少し違和感がありましたが、慣れてしまえばとても快適でした。

P1040450
ロッカールームから温泉エリアに出たところ

温泉エリアは男女共用だ


P1040443
湖畔に設けられた浴槽

日本の岩風呂に雰囲気が似ている

P1040452
カップルでくつろぐ入浴客

外国人も温泉をのんびり楽しんでいた

P1040454
こちらは一般エリア

のんびり温泉を楽しむのには少々賑やかだ

世界の10大スパにも選ばれたことのある施設です。時間を作ってぜひ体験してみてください。外国で露天の温泉に入った体験はなかなか良い土産話になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)