オーストラリア・ケアンズ

2014年7月19日 (土)

ハングリージャックス

ハングリージャックス(HUNGRY JACK’S)は国内線の出発ロビーにあるハンバーガーショップです。日本ではなじみのない名前の店ですが、世界展開しているハンバーガーチェーンのバーガーキングがオーストラリア国内で展開しているチェーン店の名称です。地元では人気が高いらしく、出発ロビーにあるこの店にも客がひっきりなしに訪れていました。

P1000444
ハングリージャックス
バーガーキング系列のハンバーガーチェーン店だ

P1000442
チーズバーガーとコーラ
普通においしかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

出発ロビーのバーガースタンド(閉店)

国際線ターミナルの出発ロビーは2013年に改装が終わったのですが、その前の出発ターミナルには飲食店が何軒か入店していて、そのうちの一軒がバーガースタンドでした。

この店のハンバーガーがとても大きく、いかにもオーストラリアらしい雰囲気だったので、抜群においしかったわけではないのですが、気に入って毎回必ず食べていました。改装後のロビーがきれいになったのは嬉しいのですが、こうしたお気に入りの店が無くなってしまったのは少々寂しいです。

Imgp1086
以前の出発ロビーにあったバーガースタンド
改装に伴って閉店してしまった

Imgp1087
大きなハンバーガー
ケアンズ旅行の締めにこれを頬張るのが恒例だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

チョコロック

出発ロビーの土産物屋で面白い菓子を見つけました。石(砂利)そっくりの色と形をしたチョコレートです。その名もチョコロック(CHOCO ROCK)という製品です。ちょうど小銭と使い切ったところだったので買わずに見ただけでしたが、後になって買ってくれば良かったと後悔していました。

P1040643
チョコロック
ちょっと見ただけでは石と区別がつかないほど良く似ている

その後、日本の輸入食材点で同じような菓子を見つけたので購入してみました。こちらはアメリカ製でストーンチョコレート(STONE CHOCOLATE)という商品名です。こちらも見た目は砂利そっくりですが、食べるとマーブルチョコレートのような味でした。

P1040901
ストーンチョコレート
これは日本国内で見つけたアメリカ製の商品だ

P1040904
こちらも見た目は砂利そっくりだ

割ってみるとチョコレートをシュガーコーティングして作られていることが分かりました。甘さが強めなのでたくさん食べるのには不向きですが、話題性はとてもあるお菓子だと思います。

P1040905
割ってみるとチョコレートをシュガーコーティングしてあるのが分かる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

出発ロビー

国際線の出発ロビーはカラフルなカーペットが敷かれた開放的な雰囲気です。広いスペースに十分な数の椅子が用意されているので、搭乗アナウンスがあるまでリラックスして過ごすことができます。

P1040629
出発ロビー
広さと椅子の数は十分に確保されている

P1040644
床に敷かれたカーペット
ケアンズらしいカラフルなデザインだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

出発ロビーのカフェ

出発ロビーの中央部には出発ロビー唯一のカフェがあります。コーヒーなどのソフトドリンクの他、ビール類も扱っています。また、ボトル入りの飲料やテイクアウトできるサンドイッチ類等も扱っていますので、機内食が有料になるジェットスター便に搭乗する際には、こちらで飲み物や軽食を購入するのも良いでしょう。

P1040633
出発ロビー中央にあるカフェ
ロビーで唯一の飲食店だ

P1040632
ボトル飲料とサンドイッチ類の陳列棚
品揃えは豊富だ

P1040642
客席コーナー
ここが混んでいたらロビーの椅子で食べることもできる

P1030202
ラップサンドとコーヒー
コーヒーはかなり本格的な味だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

空港の土産物店(2)

前回紹介した以外にも出発ロビーには様々な店があります。

食べ物系の土産物を買うならaustralian produce storeです。また、RELAYは書籍や雑誌がメインの店ですが、カウンター周りでは菓子類も扱っています。出国前に残った小銭を使い切りたい場合に、こちらの店で菓子を買うのも良い手段だと思います。

P1040639
australian produce store
菓子類の土産を買うならこの店だ

P1040628
RELAY
本屋だがちょっとした菓子なども扱っている

P1040645
日用の衣類を扱っている
GALERIE TROPICAL
ケアンズを訪れた観光客にはあまり用のない店かもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

空港の土産物店(1)

出発ロビーには特色のある土産物店が並んでいます。以前紹介したAUSTRALIAN MADEの製品を扱う店や、特産のメリノウールを扱う店、アボリジニアートの品々を取りそろえた店等です。どの店も品揃えが豊富ですが、市内と比べて価格がやや割高かもしれません。と言っても、ケアンズの土産を買える最後のチャンスですので心惹かれる物に出会えたら財布の紐を緩めてみてください。

P1040631
AUSTRALIAN MADE
オーストラリア国内製造の製品が並んでいる

P1040630
PURELY merino
オーストラリア特産のメリノウールを使った製品を扱っている

P1040640
discover
アボリジニアートをデザインした品が集められた店だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

空港の免税店

今回からはケアンズ空港の国際線出発ロビーにある店を紹介していきます

イミグレーションと手荷物検査を終えてロビーに進んでいったところに免税店があります。観光客の利用が多い空港なので空港の規模の割に免税店は充実しています。特にワインやウイスキーなどの液体物はここで買えば機内持ち込みができますので、安心して持ち帰れるかもしれません。

P1040638
出発ロビー入口にある免税店
空港の規模の割に品揃えが豊富だ

P1040636
ワインコーナー
ブドウの品種ごとに陳列されている

P1040637
その他の酒類を売るコーナー
外国製の酒類もいろいろ並んでいる

P1040635
別の場所にある免税店
いろいろな店を見て回ると掘り出し物があるかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

国内線ターミナル

ケアンズ空港の国際線ターミナルと国内線ターミナルは300mくらい離れています。ターミナル間の移動は地面に書かれたラインに従って歩いていけば迷わずに到着できます。通路には屋根が付いていますので陽射しや雨を防いでくれます。シャトルバスも運行しているようですが僕は利用したことがありません。

P1000434
ターミナル間を移動する通路
下に引かれたラインに従って歩けば迷わずに移動できる

国内線ターミナルは平屋造りの建物です。ケアンズ空港は国際線より国内線の便数の方が多いのでチェックインカウンターはかなり広いエリアになっています。航空会社によっては自動チェックイン機もありますので、慣れている方はこちらを利用すれば待たされる時間が短くなるでしょう。チェックインをする前のエリアには売店等がほとんどないので、チェックインを済ませて搭乗待合ロビーで出発まで過ごすことをお薦めします。

P1000436
国内線ターミナル
平屋造りの結構大きな建物だ

P1000437
チェックインカウンター
各航空会社のカウンターが並んでいる

P1000439
カンタス航空の自動チェックイン機
こちらを使えば待たされなくて済む

P1000441
搭乗待合ロビー
色々な店があって楽しい場所だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

国際線ターミナル(2)

国際線ターミナルのチェックインカウンターは建物の左奥にあります。日本往きの便の出発前は団体ツアー客で混雑することがありますので、個人旅行の場合は少し早めに空港についてチェックインを済ませ、空港内で買い物などをしてのんびり過ごすことをお薦めします。

Dscf0955
ケアンズ空港の管制塔
空港に近づくとまず目に入ってくるランドマークだ

P1040625

チェックインカウンター
出発間際はかなり混み合う

出国手続きと出発ロビーは二階になります。二階に上がると各国語で書かれたボードが別れの挨拶をしてくれます。僕はこれを見るたびに帰りたくない気分になってしまいます。

P1040626
イミグレーション前にある看板
各国語で別れの挨拶が書かれている

P1040627
幸運をもたらとされる3匹のユリシス
なかなか粋なデザインだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧