アメリカ・シアトル

2015年6月25日 (木)

ハリバット

ハリバット(Halibut)はカレイの仲間の魚で日本ではオヒョウと呼ばれています。とても大きくなる魚で2mを超えることもあります。この魚もアラスカやカナダ・アメリカの西海岸で漁獲されます。身が淡白でおいしい白身なので様々な料理に使われています。

 

P1050851
アンカレッジの空港に展示されていたハリバットの剥製
とても大きくなる魚だ

 

僕は前に紹介したダンジネスベイ・シーフードハウスでハリバットのフィッシュアンドチップスを食べました。揚げたてのほくほくとした白身がとても美味でした。

 

P1060680
ハリバットのフィッシュアンドチップス
白身なので揚げ物には最適な魚だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

ダンジネスクラブ

ダンジネスクラブ(Dungeness Crab)はアラスカやカナダ・アメリカの西海岸でとれるカニの一種です。身はきめが細かくて甘みが強いので現地でも人気の高い食材です。

前回紹介したダンジネスベイ・シーフードハウスにはこのダンジネスクラブを使ったメニューが多くありました。どれもカニの旨味を堪能できるおいしいメニューでした。

 

P1060673
ダンジネスクラブのカナッペ
マヨネーズと和えることでカニ肉の甘みが引き出されていた

 

P1060674_2
ダンジネスクラブとエビのカクテル
カニ肉そのものの味が一番分かるメニューだ

 

P1060676
ダンジネスクラブビスク
カニの旨味が全て抽出された濃厚な味だった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

ダンジネスベイ・シーフードハウス

ダンジネスベイ・シーフードハウス(DUNGENESS BAY SEAFOOD HOUSE)はシアトル空港の出発ロビー内にあるレストランです。メニューはその名の通りシーフードが中心となっています。

 

P1060681
ダンジネスベイ・シーフードハウス
出発ロビー内でおいしいシーフードが食べられるレストランだ

 

P1060671
メニュー
軽食中心だが色々なシーフードが載っている

 

店内はカウンタースペースとフロアスペースに分かれています。どちらもアメリカンな明るいイメージとなっていて、空港の中にいることをちょっと忘れさせてくれるような雰囲気です。

 

P1060669
カウンタースペース
こうした場所で1人寛ぐのも悪くなさそうだ

 

P1060670
フロアスペース
席は比較的ゆったりしている

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

ケインコーラ

ケインコーラ(CANE COLA)はサトウキビからとった、きび砂糖を使って作られたコーラです。僕はシアトルの空港で初めて飲みました。味は普通のコーラとほぼ同じでしたが、きび砂糖特有の風味が感じられて印象に残る味でした。

 

P1050831
ケインコーラ
きび砂糖の風味が独特な飲み物だ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

ビーチャーズ・ハンドメイド・チーズ

ビーチャーズ・ハンドメイド・チーズ(BEECHER’S HANDMADE CHEESE)は、その名の通り手作りチーズの店です。シアトル空港の出発ロビー内にも店舗があり、チーズを購入したりチーズを使った軽食を摂ったりすることができます。

僕はここでホットチーズサンドを食べました。とろけたチーズのコクがとても濃厚でおいしかったです。

 

P1050839
ビーチャーズ・ハンドメイド・チーズ
地元で人気の手作りチーズの店だ

 

P1050832
空港内の店舗でもチーズを販売している

 

P1050833
ホットチーズサンド
注文時に名前を告げて出来たら呼ばれるシステムだ

 

P1050834
とろけたチーズがとってもおいしかった

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

シアトル空港

今回からしばらくは、2013年の夏にアラスカに釣りに出かけた際に立ち寄った空港や街の情報を紹介していきます。

日本からアラスカに向かう場合、昔ならアンカレッジへの直行便が飛んでいましたが、今はアメリカ西海岸の空港で乗り継ぐ必要があります。僕はシアトル経由でアンカレッジに入りました。

乗り継ぎに使ったシアトル空港は、正式にはシアトル・タコマ国際空港(Seattle-Tacoma International Airport)と言います。現地では略してシータック空港(Sea-Tac Airport)と呼ばれることもあります。

多くの国際線と全米各地からの国内線の乗り入れる大型空港で、複数のターミナルからなっています。ターミナル間は無料の電車で行き来することができます。

 

P1050823
空港のターミナル間は電車で行き来できる

 

P1050824
ターミナルの配置と電車の運行図

 

空港内は大勢の人で混雑していますが、機能的に作られているので空港内の移動は比較的スムーズにでき、迷うこともありませんでした。待合ロビーや飲食スペースも広めに作られていて個人的には居心地の良い空港でした。

 

P1050825
出発フロア
案内表示等は分かりやすい

 

P1050836
出発ロビー
天井が高く開放的な雰囲気だ

 

P1050828
出発ロビーの飲食店
様々なジャンルの店が並んでいる

 

P1050829_2
シアトル発祥のスターバックスコーヒーももちろん出店している

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)