« ジャングルフィッシュ | トップページ | バンコクの釣りの魅力(2) »

2013年10月25日 (金)

バンコクの釣りの魅力(1)

今回からはタイの首都バンコク周辺の釣りを紹介していきます。

最初にお断りしておきますと、僕が紹介するバンコク周辺の釣り場はすべて管理釣り場、いわゆる釣り堀です。タイにはプラ・チョーン(雷魚)やカスープ(ニゴイの一種)など、のゲームフィッシュも生息していますが、フライで狙うとなるとかなり難易度の高い釣りになります。

バンコクの中心部から車で1、2時間の所には色々なジャンルの管理釣り場があります。なかには養魚場が肥育している魚を釣らせてくれるところや、ワシントン条約に記載されているメコンオオナマズの釣りを楽しめるところ(この魚はフライに反応しないので練り餌の釣りになりますが・・・)、本来タイには生息しないピラルクーやレッドテールキャットフィッシュが釣れるところなどがあります。

P1050257
養魚場で釣るバラマンディ
その時に釣りをさせてもらえる池にもよるが5kgオーバーがアベレージだ

P1010427
メーターオーバーのメコンオオナマズ
ブンサムランという管理釣り場で狙うことができる

P1050701
自分の身長体重と同じサイズのピラルクー
アマゾンの奥地に行かなくても憧れの魚をキャッチできる

P1000118
アマゾン原産のレッドテールキャットフィッシュ
この魚で20kgはある

P1000102
アリゲーターガー
北米原産の肉食魚までバンコク近郊で釣ることができる

どの釣り場の魚も大型魚ばかりで、メーターオーバー、10kgオーバーの魚も珍しくありません。さらに釣り場には食堂や休憩施設を併設している所も多く、暑さの厳しいタイですが、快適な環境下で釣りを楽しむことができます。

とにかく大物が釣りたい方、人とは違う魚が釣ってみたい方、天然の大型魚釣行前に練習しておきたい方などにはまさにぴったりのフィールドです。

|

« ジャングルフィッシュ | トップページ | バンコクの釣りの魅力(2) »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンコクの釣りの魅力(1):

« ジャングルフィッシュ | トップページ | バンコクの釣りの魅力(2) »