« アマゾンBKKフィッシング | トップページ | コーンヘッドゾンカー »

2013年11月20日 (水)

外来魚管理釣り場のタックル

今回は外来魚管理釣り場のタックルを紹介します。基本的にはバラマンディの養殖池と同じ物を使っています。

ロッドは9ft9番、リールはラージアーバータイプです。どちらもSAGEの物を使っています。ラインはインターミディエートが基本です。僕はボーンフィッシュ用の透明なラインを使っています。たまにトップで釣りをするときにはトラウト用のフローティングラインを使っています。いずれの場合も池が大きいのでバッキングラインは100m以上巻いておいた方が安心できます。

P1040675
外来魚管理釣り場のタックル
バラマンディ釣りと同じ物を使っている

リーダーはライン側から40ポンドを80cm、60ポンドを1mくらい付けています。アリゲーターガーは歯がとても鋭いので、フッキングするとリーダーが傷みます。一回魚がフッキングしたら、必ずリーダーを点検する癖を付けた方がよいでしょう。

なお、ITモンスターレイクでは午後2時を過ぎると餌釣りをすることができます。餌には生きたティラピアかアジの切り身を使います。フライロッドを使うこともできますが、ガイドからベイトかスピニングのタックルを借りて使った方が釣りやすいと思います。

P1000578
餌釣りに使うベイトタックルと釣り上げたパクー
大型魚の引きに対抗するにはベイトリールが一番だ

P1020370
こちらはスピニングタックルでランディングしている様子
個人的にはスピニングタックルの方が使いやすい

|

« アマゾンBKKフィッシング | トップページ | コーンヘッドゾンカー »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外来魚管理釣り場のタックル:

« アマゾンBKKフィッシング | トップページ | コーンヘッドゾンカー »