« 養魚場のバラマンディ釣りの魅力 | トップページ | バラマンディの釣り方 »

2013年11月 3日 (日)

バラマンディ釣りのタックル

今回は養魚場のバラマンディ釣りに使うタックルを紹介します。

ロッドは8番か9番のシングルロッドが良いでしょう。手元に寄せてからのコントロールがしやすいので、僕はSAGEの9フィート9番のパックロッドを愛用しています。

リールはブレーキ性能のしっかりしたラージアーバーリールが良いでしょう。ブレーキを酷使する釣りですので、使い潰しても後悔しない程度の価格のリールの方が良いかもしれません。僕も以前一つ壊しています(笑)。今はSAGEのラージアーバータイプを使用しています。

P1040675
バラマンディ釣りのタックル
比較的シンプルな構成だ

ラインはリトリーブの釣りならインターミディエート、トップの釣りならフローティングラインを使います。僕はインターミディエートにはボーンフィッシュ用のクリアラインを使っています。魚から見えにくいラインなので何かと重宝です。フローティングラインはトラウト用のラインがお薦めです。ソルト用のフローティングラインは淡水では浮きが悪い場合があるからです。

リーダーはライン側から40ポンドを80センチ、60ポンドを1mくらい付けています。バラマンディは鋭い歯は持っていませんが、口周りがザラザラしているので、フライが口の奥にかかるとリーダーに傷が付きやすい魚です。一匹釣るたびに必ずリーダーを確認して傷があったら結び直すようにしないと、リーダーブレイクの原因になります。結び直しで60ポンドリーダーが20センチくらいまで短くなったらリーダーを再び長くつけ直すようにします。

ランディングツールは養魚場のスタッフやガイドが持っているので持参しなくても問題ありません。持参する場合はネットではなくボガーグリップを用意してください。

|

« 養魚場のバラマンディ釣りの魅力 | トップページ | バラマンディの釣り方 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラマンディ釣りのタックル:

« 養魚場のバラマンディ釣りの魅力 | トップページ | バラマンディの釣り方 »