« ボマー養魚場 | トップページ | バラマンディ釣りのタックル »

2013年11月 2日 (土)

養魚場のバラマンディ釣りの魅力

前回の記事でどのような場所で釣りをするのか理解していただいたと思いますので、今回は養魚場のバラマンディ釣りの魅力について触れたいと思います。

養魚場の釣りの魅力は、何といっても良く釣れることです。活性が高い時は、正真正銘のワンキャストワンヒット状態が続きます。ただし、誤解しないでいただきたいのですが、常に入れ食い状態が続くわけではありません。最初から食いが渋い日もあれば、時間帯によってはばったりとアタリが止まることもあります。バラマンディはかなりの気分屋です。

活性の高い時はトップの釣りがお薦めです。大型のポッパーに激しい捕食音を立ててバラマンディがアタックする様子は、他人の釣りを見ていても興奮します。活性が高くない時はストリーマーの釣りになります。そういう時はフライの色やサイズにもセレクティブになっていますので、それなりの攻略法を考える面白さが出てきます。

P1000031
ポッパーをくわえたバラマンディ
活性が高い時のトップの釣りは楽しい

ヒット後のファイトもバラマンディ釣りの大きな魅力です。フッキングした魚は最初にかなりの速さで走ります。この際、逆転するリールハンドルなどで怪我をしないようにくれぐれも気を付けてください。

走るのを止めてからも激しくジャンプしたり、水底に突っ込んだりパワフルなファイトが続きます。近くまで寄せてきて釣り人の姿が魚から見えると、再び激しく抵抗する場合もしょっちゅうです。

P1010738
ジャンプして抵抗するバラマンディ
慣れないとジャンプの際にバラすことも多い

P1010311
いったん寄ってきた後で再び激しく抵抗する魚
手元まで寄せても油断は禁物だ

こうしたファイトをたっぷりと堪能できるのが養魚場の釣りの醍醐味です。大型魚とのファイトの練習にも最適です。かなりタフな釣り人でも4時間も釣れば腕がパンパンになることでしょう。

|

« ボマー養魚場 | トップページ | バラマンディ釣りのタックル »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養魚場のバラマンディ釣りの魅力:

« ボマー養魚場 | トップページ | バラマンディ釣りのタックル »