« ブンサムランの釣り方(2) | トップページ | ウーティン »

2013年12月20日 (金)

ブンサムランのもう一つの楽しみ

ブンサムランの釣りは、仕掛けを投入すると後はアタリがあるのを待つだけになります。アタリが少ない時間帯等は時間を持て余し気味になることもありますので、そうした時には僕は別の釣りを楽しみながらナマズのアタリを待つことにしています。

それは小屋の際で釣るティラピア釣りです。ブンサムランには大型の魚以外に10cm前後の小魚がたくさんいます。彼らを餌釣りで狙うのです。

P1020598
ウキ釣りでティラピアを狙う
ナマズのアタリを待つ間は小魚釣りが楽しめる

P1040100
ガイドのスメットもティラピア釣りが大好きだ

タックルは他の釣り用にタイに持参したフライロッド等を使っても良いですし、ラインだけでも十分釣れます。フライロッドを使う際は念のためラインを通しておいたほうが、ティップを水中に落としたりするのが防げて良いと思います。

ロッドに適当な太さの(僕は20ポンド位を使っています)リーダーにルースニング用のインジケーターを通し、先に12#位のフックを結びます。

餌はナマズ用の練り餌でも、売店で買ってきた食パンでもOKです。少し寄せ餌をまいてから仕掛けを入れるとすぐに反応があるはずです。

P1010127
ティラピア以外の小魚も釣れてくる
これは鮒に似た魚だ

P1000467
この魚はパクーの幼魚だろうか

ブンサムランに行く時は小さめのフックも是非忘れずに持っていってください。

|

« ブンサムランの釣り方(2) | トップページ | ウーティン »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブンサムランのもう一つの楽しみ:

« ブンサムランの釣り方(2) | トップページ | ウーティン »