« カスープ釣りの釣り場 | トップページ | カスープの釣り方 »

2014年1月 8日 (水)

カスープ釣りのタックルと服装

今回はカスープ釣りのタックルを紹介します。

カスープは最大で40cmほどの魚ですので、それほど番手の高いロッドは必要ありませんが、トップの釣りの場合はアピール度の高い大型のフライをキャストする必要があるので、それを考えると8番ロッドくらいが適当だと思います。僕はバラマンディ釣りと同じタックルを使いました。

具体的には、SAGEの9フィート9番のパックロッドを使用し、リールはSAGEのラージアーバータイプを使用しました。

P1040675
カスープ釣りのタックル
バラマンディ釣りと同じものを使用した

ラインはリトリーブの釣りならインターミディエート、トップの釣りならフローティングラインを使います。僕はインターミディエートにはボーンフィッシュ用のクリアラインを使っています。魚から見えにくいラインなので何かと重宝です。フローティングラインはトラウト用のラインがお薦めです。ソルト用のフローティングラインは淡水では浮きが悪い場合があるからです。

リーダーシステムはリトリーブ用はライン側から30ポンドを1.5mくらい付けてその先に40ポンドを50センチほど付けて釣りました。トップの場合は40ポンドを1mほど付けて釣りました。

その他の服装や装備も特殊なものは不要です。今回は長靴で釣りましたが深く立ち込めなかったので、できれば立ち込める格好がよいと思います。

P1000459
カスープ釣りの服装
長靴や合羽はガイドに借りた

|

« カスープ釣りの釣り場 | トップページ | カスープの釣り方 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カスープ釣りのタックルと服装:

« カスープ釣りの釣り場 | トップページ | カスープの釣り方 »