« 釣りに適した時期 | トップページ | 服装と持ち物 »

2014年9月29日 (月)

釣り場での注意点

川の釣りで一番気を付けなければならないのはワニです。川の至る所にワニが水中に入っていった跡が残っています。ガイドも注意してくれますが、流れのゆるい場所や水が濁っている場所では川に立ち込んではいけません。その他の場所でも釣りをしながら足元周辺への注意は怠らない方がいいでしょう。

P1000945
ワニが水中に入った跡
こうした場所では水中に入らない方が賢明だ

P1030006
川の横の水たまり
こうした場所はワニの格好の隠れ家だ

また、川の周辺には野生化したブタが生息しています。通常は人の気配を察知したら逃げていきますが、僕が釣行した時は川岸を歩いていて近くの藪の中からいきなり威嚇されて退散したことがあります。こうしたことは稀だと思いますが、野生のブタの存在を頭の片隅に置いておいてください。

P1000779
川の周辺の藪
野生の豚が潜んでいることもある

他には、川底の砂地に足をとられないように気を付けてください。川底が柔らかくて体重をかけると膝くらいまで埋まってしまう場所があります。埋まってしまうと抜くのがとても難儀ですし、万一そうした状況でワニでも近寄ってきたら大変ですので、常に川底の様子を確かめながら足を進めるようにしてください。

P1030077
川底は砂地になっている
川底の硬さを確かめながら歩を進める必要がある

|

« 釣りに適した時期 | トップページ | 服装と持ち物 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・ウェイパ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣り場での注意点:

« 釣りに適した時期 | トップページ | 服装と持ち物 »