« サラトガ釣りのルアー | トップページ | スーティグランター »

2014年10月17日 (金)

ノーザンサラトガ

ノーザンサラトガ(Northern Saratoga)はアロワナに近縁の魚です。現地ではノーザンバラムンディ(Northern Barramundi)と呼ばれることもありますが、バラムンディ(バラマンディ)とは無縁の魚なので、最近ではガルフサラトガ(Gulf Saratoga)という呼び方も提唱されています。

最大60cm程度になる魚で、オーストラリア北部やニューギニアの川や湖に生息しています。ウェイパでは30~60cmのサイズの魚が釣れました。

金属光沢のある鱗や朱点の入った鰭が美しく、僕が大好きな魚です。下顎の二本の短い髭もチャームポイントです。一匹ずつ微妙に体色や鰭のバランスが異なるのも魅力です。

P1000831
ノーザンサラトガ
進化せずに残った古代魚の一種だ

P1000957
最大で60cmクラスも釣れる

P1000982
小型は30cmほどだった

P1000726_2
鰭に朱点が入って美しい

P1000737
下顎には日本の短い髭が生えている

P1030012
緑がかった体色の個体
体色や鰭のバランスが一匹ずつ異なっている

|

« サラトガ釣りのルアー | トップページ | スーティグランター »

魚図鑑」カテゴリの記事

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・ウェイパ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーザンサラトガ:

« サラトガ釣りのルアー | トップページ | スーティグランター »