« パイロット111の施設紹介 | トップページ | パイロット111の釣り方 »

2015年4月13日 (月)

パイロット111のタックル

パイロット111のタックルは基本的にバラマンディ釣りのタックルと同じです。

ロッドは8番か9番のシングルロッドで、リールはブレーキ性能のしっかりしたラージアーバーリールが良いでしょう。僕はロッドはSAGEの9フィート9番のパックロッドを、リールはSAGEの廉価品のラージアーバータイプを使用しています。

P1040675
パイロット111のタックル
バラマンディ釣りのタックルと同じものを使っている

ラインはインターミディエートかフローティングラインを使います。僕はインターミディエートにはボーンフィッシュ用のクリアラインを使っています。魚から見えにくいラインなので何かと重宝です。リーダーはライン側から40ポンドを80センチ、60ポンドを1mくらい付けています。この池には歯の鋭い魚が多いので太めのリーダーがお薦めです。一匹釣るたびに必ずリーダーを確認して傷があったら結び直すようにしないと、リーダーブレイクの原因になります。

|

« パイロット111の施設紹介 | トップページ | パイロット111の釣り方 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイロット111のタックル:

« パイロット111の施設紹介 | トップページ | パイロット111の釣り方 »