« パームツリーラグーンの餌 | トップページ | パームツリーラグーンで釣りをする際の注意点 »

2015年11月16日 (月)

パームツリーラグーンの釣り方

釣り方の基本はブッコミ釣りです。魚が針をくわえ、十分にラインが引き出されてからあわせます。ウキ釣りの場合もウキを見て早合わせするより、ラインが出るまで待ってからあわせた方が、針掛かりが良いと思います。練り餌の竿にはセンサーが付けてあるので、ラインが出ていくとアラームが鳴って知らせてくれます。

この釣り場の釣りのスタイルは基本的に大名釣りなので、特に何も言わなければ餌をつけて仕掛けを投入する所から合わせる所まで、釣り場のスタッフがやってくれます。自分で全部やりたかったらあらかじめスタッフにその旨を話しておけばOKです。

 

P1090441
仕掛けはスタッフが投げてくれる

 

魚が掛かったら竿をしっかり立ててファイトします。この釣り場では魚のダメージを減らすためにドラグが緩めに調整されています。そのため、ファイトに時間がかかります。こっそりドラグを強めようとするとオーナーに怒られますので気をつけてください。

 

P1090529_2
ドラグが緩めなのでファイトには時間がかかる

 

魚が手元まで寄ってきたらスタッフがネットでランディングしてくれます。岸に上げる際はあらかじめ岸に置かれているマットの上に上げます。これも魚のダメージを減らすための工夫です。スレ掛かり等の場合は治療を施してから池に戻します。

 

P1090451
マットの上にランディングする

 

P1090474
ダメージがある場合は治療してからリリースする

 

大型魚がかかった場合は池の中に生簀を組み立ててその中にランディングします。記念撮影する際は池に入って生簀の上で魚を抱えて撮影することになります。

 

P1090565
大型魚の場合は池に生簀を作ってそこにランディングする

 

|

« パームツリーラグーンの餌 | トップページ | パームツリーラグーンで釣りをする際の注意点 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

タイ・バンコク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パームツリーラグーンの釣り方:

« パームツリーラグーンの餌 | トップページ | パームツリーラグーンで釣りをする際の注意点 »