« 餌 | トップページ | スタージオンの保護政策 »

2018年3月12日 (月)

釣り方

スタージオン釣りでは、餌を針に付けて仕掛けを投入するまではガイドの役目となります。投入後ロッドホルダーにかけた竿の後方で待機してアタリを待ちます。アタリは最初に小刻みに竿先がお辞儀をするような前アタリがあり、その後魚が餌をしっかり咥えると、竿先が大きく抑え込まれる本アタリが出ます。このタイミングでロッドホルダーからロッドを真上に持ち上げてロッドを外し、大きく強く合わせます。なお、サークルフックを使っている場合はロッドを持たず、本アタリがあった瞬間にリールを素早く数回転巻いてフッキングさせます。

 

P1120743
仕掛けを投入するまではガイドの仕事だ

 

P1120796
アタリを待つ時間も楽しい

 

P1120661_800x602
このロッドホルダーからロッドを外すのには若干の慣れが必要だった

 

魚の抵抗を感じたら、さらに何回かロッドをあおって追い合わせをすればフッキングは完璧です。あとは魚の強い引きに耐え、巻けるタイミングでリールを巻いて魚を寄せてきます。魚が走っているときには無理をせず一定のテンションをかけて止まるのを待ちます。ジャンプする際は魚が上方に動くのが分かりますので、ラインが緩まないよう気をつけ、魚が着水したら再度フッキング動作をしてフックの緩みを防ぎます。ファイト時はワイヤーハーネスを使うと腹部にロッドのバット部を固定できるので楽です。

 

P1120803
フッキング後は激しいファイトが待っている

 

P1120716_800x601
ワイヤーハーネスと使うとファイトしやすい

 

手元まで寄ってきても大型魚の場合は再び強く抵抗する場合もありますので油断は禁物です。岸までボートを動かしてランディングする際は、岸までの移動時間が結構かかりますので、その間、魚が暴れないようできるだけ魚にショックが伝わらないように魚を曳いていきます。

 

P1120879
大型魚は岸まで誘導してランディングする
魚を刺激しないように優しく扱う

 

ランディング後、写真を撮る際は鱗の突起部で衣服を痛めたり、怪我をしたりしないように気を付けてください。大型魚を水中でホールドする際は、口の中に指を入れて唇の部分をしっかりと押さえます。スタージオンには歯がありませんので、口の中に指を入れても大丈夫です。

 

P1120817
口の中に指を入れて魚を押さえる
おとなしそうに見えて力は強いので油断は禁物だ

 

P1120818_800x600
写真撮影が終わったら優しくリリースする

 

|

« 餌 | トップページ | スタージオンの保護政策 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

カナダ・ミッション」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣り方:

« 餌 | トップページ | スタージオンの保護政策 »