« マーレーコッド釣りの注意点(1) | トップページ | アシュフォードへの行き方 »

2018年4月16日 (月)

マーレーコッド釣りの注意点(2)

マーレーコッド釣りは比較的安全な釣りです。カヌーからの釣りになりますが、流れは緩やかですので、カヌーの上で急激な動作などをしなければ落水することはありません。

一番注意すべき点は暑さと紫外線です。現地は日中35℃近くなりますし、紫外線の強さは日本の比ではありません。帽子や日焼け止めの使用は必須です。また、天候によっては雷雲が発生することもあります。雷が鳴り始めたらガイドの指示に従って安全な場所に避難してください。

 

P1130493
昼間は川の上でも気温は35℃近くなる

 

P1130498
日本より紫外線が強いので日焼け止めは不可欠だ

 

P1130252
雷雨に見舞われ車中に避難
屋外
での雷は本当に怖い

 

他には岸辺にサボテンが自生しています。大きな株は目立ちますが、小さいものは草に紛れていますので、気付かずに触れたりしないよう注意が必要です。

 

P1130309_800x600
サボテン
外来植物だが岸辺に自生している
もちろん刺は鋭い

 

P1130500_800x601
小さなサボテンは意外と目立たない

 

また、川岸には体長50㎝くらいのミズトカゲが生息しています。ポッパーを投げると川岸から飛び込んで追いかけてくることがあります。そのままフライにアタックしてくるのでフッキングすることも可能ですが、爪がとても鋭いのでフッキングしてしまうとフックを外す際に爪で怪我をする恐れがありますので十分気を付けてください。

 

P1130296
ミズトカゲ
川岸でよく見かける

 

Tokage
フライに反応してアタックしてくる
爪が鋭いのでフックを外すのはとても大変だ

 

|

« マーレーコッド釣りの注意点(1) | トップページ | アシュフォードへの行き方 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・アシュフォード」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーレーコッド釣りの注意点(2):

« マーレーコッド釣りの注意点(1) | トップページ | アシュフォードへの行き方 »