« アシュフォード滞在中の食事 | トップページ | 服装と持ち物 »

2018年5月 7日 (月)

マーレーコッド釣りのタックル

今回はフライをメインで狙いましたが、フライへの反応が乏しい状況だったので、途中からガイドの黒沢氏にタックルを借りてルアーでも釣りをしました。

フライタックルは9フィートの8番と9番のロッドとラージアーバーリールを使いました。大型のフライのキャストをひたすら繰り返す釣りですので、キャストしやすいロッドを選ぶことが重要です。ラインはフローティングラインとインターミディエエイトラインを使用しました。リーダーはナイロンの30ポンドリーダーの先に40ポンドを足して使いました。

ルアータックルは黒沢氏に借りたベイトタックルを使いました。ロッドはシマノ、リールはダイワの製品でした。

 

P1040954
フライタックル
ロッドは8番のシングルハンドを主に使った

 

P1130519_598x800
ルアータックル
黒沢氏のベイトタックルをお借りした
ロッドはシマノだった

 

P1130518_597x800
リールはダイワのものを使っていた

 

|

« アシュフォード滞在中の食事 | トップページ | 服装と持ち物 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・アシュフォード」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーレーコッド釣りのタックル:

« アシュフォード滞在中の食事 | トップページ | 服装と持ち物 »