« コーンヘッドウーリーバガー | トップページ | キャットフィッシュ »

2018年9月20日 (木)

サザンサラトガ

サザンサラトガは古代魚として知られるアロワナの一種です。アロワナに比べると尾鰭が大きいことが特徴です。オーストラリアにはこのサザンサラトガとノーザンサラトガが生息しています。サザンサラトガの特徴は鱗に赤い斑点があることで、その特徴からスポッテッドサラトガと呼ばれることもあります。体長は1m近くにまで成長します。今回釣れたのは70㎝弱の個体でした。

 

P1130874_800x600
サザンサラトガ

太古から姿を変えずに生きてきた古代魚だ

 

P1140022

アロワナと比べて尾鰭が大きい

 

P1140023

鱗に赤い斑点があるのが特徴だ

 

Dsc_4893

下顎に二本の髭がある

目は広範囲が見える構造になっている

 

P1140025_800x600_2

僕にとって昔から憧れの魚だった

 

Dsc_4888

手にすると思わず笑みがこぼれる

 

|

« コーンヘッドウーリーバガー | トップページ | キャットフィッシュ »

魚図鑑」カテゴリの記事

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・ブラックウォーター」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サザンサラトガ:

« コーンヘッドウーリーバガー | トップページ | キャットフィッシュ »