« イエローナイフ釣行の魅力(2) | トップページ | イエローナイフへの行き方 »

2020年1月20日 (月)

イエローナイフ釣行の注意点

イエローナイフ釣行でまず注意を要する点は、イエローナイフからロッジまでの移動です。移動には水上飛行機を使いますが、この水上飛行機は小型機で有視界飛行するため、風が強かったり霧で視界が悪かったりすると飛行することができません。2019年は視界不良のためイエローナイフで一日足止めされました。ロッジからの帰りも同様に足止めされる可能性があります。イエローナイフ釣行を計画される方はこうしたハプニングが起こり得ることを承知の上で計画を立ててください。

P1000327
イエローナイフからロッジまでの移動に使う水上飛行機
かなり小さな飛行機だ

P1000331
水上飛行機の事務所で外の様子をうかがうパイロット
荒天で出発できないこともしばしばある
2019
年はイエローナイフで丸1日足止めされた

次は寒さ対策です。現地の9月後半は黄葉が盛りを過ぎ雪が降り始める時期です。日中は日が出れば気温が10度を超えますが、朝晩は氷点下になることもあります。加えて、湖の上は風があるのでかなり寒く感じます。釣りの際の服装はこうした寒さを風を考慮して防寒対策をしっかりする必要があります。夜間にオーロラを鑑賞する際は、使い捨てカイロなどを使ってさらに体を温かくしたほうが良いでしょう。

P1060397
ある朝の気温が5℃だった
この時期の平均的な気温だ

P1060449
釣りの服装
寒さと風への対策が必要だ

また、ロッジの周囲には原野が広がっています。僕は遭遇したことはありませんが、クマやヘラジカなどの大型野生動物も生息していますので、ロッジの周囲を散策したりする際は注意を払ってください。

P1060426
ロッジの裏手の散策路にあった注意看板

最後に、手続き上の注意点としてはカナダに入国する際は電子ビザ(eTA)の取得が義務付けられています。取得し忘れていると入国できませんので、事前にネットで申し込みを済ませておいてください。

Eta_20200115155601
カナダ政府のeTAの公式ページ
ネットで簡単に取得できる


|

« イエローナイフ釣行の魅力(2) | トップページ | イエローナイフへの行き方 »

トラウト・サーモン」カテゴリの記事

カナダ・イエローナイフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。