« イエロードッグロッジ周辺の釣り場 | トップページ | パイクの釣り場 »

2020年3月23日 (月)

レイクトラウトの釣り場

レイクトラウトのメインの釣り場はダンカンレイクとグラハムレイクです。どちらかというと大きい方のダンカンレイクで釣りをすることが多いですが、その日の天候や風向きなどでどちらの湖に行くかガイドが決めてくれます。
湖のどのあたりで釣るかはシーズンによって異なります。9月下旬の産卵期はレイクトラウトが浅場に集まるので水深5m未満の浅場を狙います。それ以外の時期はレイクトラウトは深場にいるので水深30mくらいの湖底に変化がある場所で釣りをします。
実際に釣り場を決める際は、魚探を使って湖底の地形を確認し、さらに深場の釣りでは魚影を見つけながら釣りをしていきます。

P1160563_20200212215701
グラハムレイクの桟橋

P1150869_20200212215701
ダンカンレイクの桟橋
どちらの湖を釣るかはその日の状況による

Dscf1175_20200212215701
ボートには魚探が付いている
湖底の地形を確認して釣り場を決める

Dscf0966_20200212215701
グラハムレイクでトローリング中
島周りは一級のポイントだ

Dscf0987_20200212215701
湖岸の黄葉を眺めながらアタリを待つ
キャスティングもトローリングも岸近くで釣りをする

Dscf1143_20200212215701
ダンカンレイクでトローリングで釣ったレイクトラウト
岸からこの距離で水深は30mほどだ

Dscf1157_20200212215701
ダンカンレイクでキャスティングで釣ったレイクトラウト
後ろに見える島のかけ上がりでヒットした

Dscf1143_20200212215701
この魚もキャスティングで釣った
岸際の水深が5m以内の場所がキャスティングのポイントだ

早朝や夕方はロッジの脇の水路もレイクトラウトの好釣り場となります。特に産卵時期は、日が落ちると水位の低いダンカンレイクから水位の高いグラハムレイクに向かってレイクトラウトが群れで遡上しますので、絶好の釣り場となります。

P1000623_20200212215701
二つの湖を結ぶ水路
2019
年は水位が高かった

P1160527_20200212215701
こちらは2017年の様子
浅い流れだがたくさんのレイクトラウトが遡上していた


|

« イエロードッグロッジ周辺の釣り場 | トップページ | パイクの釣り場 »

トラウト・サーモン」カテゴリの記事

カナダ・イエローナイフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。