« レイクトラウトの釣り方(トローリング) | トップページ | レイクトラウトの釣り方(フライフィッシング) »

2020年4月20日 (月)

レイクトラウトの釣り方(キャスティング)

レイクトラウトのキャスティングの釣りは、レイクトラウトが産卵のため浅場に上がってくる時期だけ楽しむことができます。

Dscf1223_20200308141301
キャスティングでキャッチしたレイクトラウト
産卵時期だけ楽しめるエキサイティングな釣り方だ

釣り方はボートから岸や島などの方向に向けてスプーンをキャストし、着水したらラインを止め、そこからリトリーブしてきます。魚はどこにでもいるので思い切り遠投する必要はありません。リトリーブはただ巻きより、何回か巻いたらポーズを入れるやり方がお薦めです。水深がある場所では着水したら少し待って、スプーンを沈めてからリトリーブすることも効果的です。

Dscf1145_20200308141301
アクションを付けたスプーンのリトリーブが効果的だ

Dscf1271
半日使ったスプーン
レイクトラウトの歯型がたくさんついている

スプーンの代わりにジグを使うこともあります。ジグの場合はキャストしたらそこまで沈め、着底したらロッドをあおってジグを浮かせてからまた沈め、糸ふけをとることを繰り返して魚を誘います。

P1020225
ジグで底を釣るのも効果的だ

いずれの場合もアタリがあったら小さくしっかり合わせます。魚の重みを感じたらロッドを立ててファイトを始め、魚が乗らなかったら再びリトリーブを続けます。
ファイトはゆっくり落ち着いてリールを巻き魚を寄せてくればOKです。

Dscf1126
釣り方を教えてくれていてヒットさせたガイドのアラン

Dscf1133_20200308141301
障害物は少ないので落ち着いてファイトできる

Dscf1235
この時期は初心者でも簡単に釣れる


|

« レイクトラウトの釣り方(トローリング) | トップページ | レイクトラウトの釣り方(フライフィッシング) »

トラウト・サーモン」カテゴリの記事

カナダ・イエローナイフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。