« パイクの釣り方(ルアー) | トップページ | エッグサックリーチ »

2020年5月18日 (月)

グレイリングの釣り方

グレイリングは湖に流れ込む川でルースニングで釣りました。キャストする前に重要なのがマーカーの位置の調整です。プールにいるグレイリングは底付近に定位していますので、タナを深めにします。一方、瀬を釣る場合は水深に合わせて浅めに設定します。いずれの場合もフライの沈下を早めるために、フライの上方40㎝くらいのところにスプリットショットを打った方が良いでしょう。

P1160053
釣り場の水深に合わせてタナを決める
このプールでは1.5mくらいに設定した

P1160071
こうした瀬ではフライからマーカーまでを1mくらいにした

釣り方は流れに対してアップクロスでキャストしてメンディングを行い、マーカーをドラグフリーな状態で長く流します。グレイリングは他のトラウトよりフライへの反応が慎重な気がします。アタリはマーカーが止まったり水中に没したりしますので分かりやすいです。アタリがあったら即座に合わせます。

Gopr3429_moment
アップクロスにキャストしてメーカーをナチュラルに流す
できるだけ長めに流した方が良い

Gopr3428_moment
アタリがあったら即座に合わせる

グレイリングはフッキングすると底に突っ込むように抵抗します。障害物に潜られないよう、早目に上を向かせれば後は落ち着いて寄せてくるだけです。今回はネットを持っていかなかったのでハンドランディングしました。

Gopr3428_moment3
まず魚に上を向かせる

P1160040
そうすればゆっくりファイトを楽しめる

Gopr3431_moment
時にはジャンプして抵抗することもある

P1160034
今回はハンドランディングした

P1160060-800x600_20200504151401
フライで釣ってとても楽しい魚だ


|

« パイクの釣り方(ルアー) | トップページ | エッグサックリーチ »

トラウト・サーモン」カテゴリの記事

カナダ・イエローナイフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。