« ルアーでの釣り方 | トップページ | クラウザーミノー »

2020年12月21日 (月)

フライでの釣り方

フライでのパシフィックターポンの釣り方を紹介します。フライでの釣り方は、ルアー同様、ボートを岸と並行に微速で走らせながら岸際に向けてキャストを繰り返していきます。フライを深く沈める必要はありませんので、着水して一呼吸したらリトリーブをすぐに始めます。速さは1秒間に20㎝くらいが標準です。時々ポーズをとって魚に食う間を与えるとフッキング率が高まります。
アタリがあったらラインハンドで合わせます。魚の重さを感じない時はそのままリトリーブを続けます。食い損ねた魚が追い食いしたり他の魚がアタックしたりすることがあります。魚の重みを感じたら再度ラインを引いて追い合わせを入れ、フッキングを確実にしてからロッドを立てます。
パシフィックターポンは針掛りするとジャンプを繰り返してフックを外そうとします。ジャンプされた時にラインが緩まないよう気を付けてください。また、ボート際まで寄せてきても、最後まで抵抗をやめない魚ですので気を抜かずにランディングしてください。

Dscf0623_20201213154701
リリーパッドの際にキャストする
パシフィックターポンはリリーパッドの中に潜んでいる

Dscf0675_moment
アタリがあったらラインハンドで合わせる

Dscf0677_moment
ジャンプしてフックを外そうとするのでロッドを低くしてファイトする

Dscf0679_moment
足元まで寄ってきても最後まで抵抗するので鯉は抜けない

P1010762
このサイズのパシフィックターポンが次々とフライに反応してくれる

P1010752
懸命にファイトするガイドの黒沢氏


P1010756
フライ初級者でも釣り方のコツさえ掴めば比較的簡単に釣れる


|

« ルアーでの釣り方 | トップページ | クラウザーミノー »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・ダーウィン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。