« 釣りの一日 | トップページ | フライでの釣り方 »

2020年12月14日 (月)

ルアーでの釣り方

ルアーでの釣り方は、岸と並行にボートを微速で走らせながら、バンクやリリーパッドの際などにポッパーやミノーをタイトにキャストして探っていくすたいるです。サラトガ狙いの場合は、リリーパッドの隙間にフロッグパターンを投げて誘う場合もあります。
アタリがあったら小さくしっかりロッドを引いてフッキングします。特にサラトガの場合は口周りが硬いので、魚の重さを感じた後で数回追い合わせを入れてください。
フッキングに成功したら障害物に入られないよう、魚を沖に引きずり出すイメージでファイトします。サラトガもバラマンディもジャンプしてフックを外そうとしますので、ロッドをできるだけ寝かせてファイトし、ジャンプされた場合はラインが緩まないように対応します。
針掛かりが浅いとランディング時にバレることがありますので、ネットインするまで気を緩めず、ガイドと呼吸を合わせて確実なランディングを心掛けてください。

Dscf0514_20201213154301
こうしたバンク際に魚が着いている

Dscf0641_20201213154301
オーバーハングした木の陰の一級のポイントだ

Dscf0395_20201213154301
リリーパッドの中はフロッグパターンで狙う

P1060703
岸に向かってキャストする

P1060700
ファイト中にジャンプすることが多いので気を付けてファイトする

P1060702 
ランディングも慎重に行う

P1060690_20201213154301
朝早い時間帯に釣れたバラマンディ


|

« 釣りの一日 | トップページ | フライでの釣り方 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

オーストラリア・ダーウィン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。