« ネパール・ゴールデンマシール釣行の魅力(2)食事 | トップページ | ネパール・ゴールデンマシール釣行の魅力(4)ヒマラヤ山脈 »

2021年3月29日 (月)

ネパール・ゴールデンマシール釣行の魅力(3)ラフティング

現地では4日間かけて国立公園内を流れる川をゴムボートで下りながらゴールデンマシールを釣りました。この川下りそのものがゴールデンマシールの釣りの魅力の一つです。
釣り場となる川は周囲に車が通れる道がなく、川伝いに移動する以外では訪れにくいエリアです。そんなエリアで朝から夕方まで川を下りながら釣りを楽しみ、夜は河原に張ったテントで眠る生活はアウトドア気分を満喫するにはもってこいです。

Dscf1301
ボートにキャンプ道具を積み込んで川を下っていく
この非日常な体験自体がとても貴重だ

P1020354
雄大な自然を眺めながら川を下る
釣りをしていない時間も十分楽しめる

P1010111
夜は河原にテントを張って泊まる
周囲には人家も道もない

ラフティング中は雄大な景色や川辺に現れる野生生物を眺めることができます。さらにキャンプサイトでは幻想的な夕暮れや早朝の風景を目にすることもできます。そんな非日常な体験を堪能できるのがゴールデンマシールの釣りなのです。

P1020379
目の前の景色は刻々と変わっていく

P1020334
河原に現れたサルの群れ
ラフティング中は様々な動物たちを目にすることができる

P1020322
鹿

P1020343
孔雀

P1020416
インドガビアル
絶滅危惧種に指定されている珍しいワニだ

Dscf1318
キャンプサイトの夜明け

P1020348
キャンプサイトの夕暮れ
どちらの時間帯も幻想的な風景を目にすることができる


|

« ネパール・ゴールデンマシール釣行の魅力(2)食事 | トップページ | ネパール・ゴールデンマシール釣行の魅力(4)ヒマラヤ山脈 »

その他(怪魚系)」カテゴリの記事

ネパール・バルディア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。