フライパターン

2020年12月28日 (月)

クラウザーミノー

パシフィックターポンは、このフライパターンだけで十分釣れました。
マテリアルの量は多過ぎない方が動きが良いし反応も良い気がします。色はホワイト一色のものが一番よく釣れました。マテリアルは以下の通りです。

フック:TMC811S
サイズ:1/04#
スレッド:白
アイ:ダンベルアイ(赤)
テール:フラッシャブー
ウイング:バックテール(ホワイト他)

P1030241
クラウザーミノー
シンプルなパターンだが絶対的な信頼を寄せている

Dscf0636
クラウザーミノーでヒットしたパシフィックターポン


| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

MSC-L

グレイリングをルースニングで釣る際に使いました。いろいろな魚が反応してくれる万能フライです。マテリアルは以下の通りです。ウエイトはしっかり巻いてあります。

フック:TMC100SP-BL
サイズ:12#
スレッド:ブラウン
テール:マラブー(ブラウン)
ボディー:ヘアズイヤープラス(ブラウン)
リブ:コパワイヤー
バック:フラッシャブー

P1020415
MSC-L
僕が一番よく使うパターンだ

P1160026
フライを咥えたグレイリング


| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

ブラックストリーマー

パイクと釣る際に使ったのは全長15㎝ほどのストリーマーです。シンセティックマテリアルを使ってできるだけボリューミーなシルエットにしました。マテリアルは以下の通りです。ウィードの生えている場所での使用も想定してウィードガードを付けてあります。

フック:TMC811S
サイズ:2/0#3/0#
スレッド:黒
アイ:チェーンボールアイ
ギル:EP Streamer Brush(紫)
ボディー:Fuzzy Fiber(黒)
オーバーボディー:フラッシャブー、ピーコックヒール
テール:ハックル(黒)
ウィードガード:30lbフロロカーボンリーダー

P1160290-800x600_20200505221901
ブラックストリーマー
ボリューミーに仕上げてアピール度を高めた

P1160443
ストリーマーで釣ったパイク

P1160214
口が大きいのでフライを呑まれることも多かった

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

エッグサックリーチ

ロッジ前の水路でレイクトラウトを釣る際に使用したのがエッグサックリーチです。水深が1mほどの場所だったのでウェイトを軽めにしたものが使いやすかったです。マテリアルは以下の通りです。

フック:TMC777SP
サイズ:8#
スレッド:黒
ヘッド:エッグヤーン(ピンク)
ボディー:シェニール(黒)
リブ:ハックル(黒)
テール:マラブー(黒)

P1000766_20200505221901
エッグサックリーチ
大型のサーモンやトラウトに効果的なパターンだ

P1060360
夕暮れ時にロッジ脇の水路で釣ったレイクトラウト
エッグサックリーチをしっかり咥えてくれた


| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

コーンフライ

コーンフライと称していますがエッグフライと同じものです。太軸のフックに巻いていきましたが、もう少し細いフックの方がフッキングしやすい気がしました。

フック:TMC105
サイズ:4#、6#、8#
スレッド:黄色
ボディー:エッグヤーン(黄色)

P1040099-800x602
コーンフライ
エッグフライと基本的に同じものだ

P1000862
本物のコーンはこのように針に付ける

P1000624-800x600
コーンフライを咥えたアワカ
本物のコーンと遜色なく釣れた


| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

MSC-L

雷魚を釣る際に使ったのがフラッシャブーをバックに付けたMSC-Lです。これも僕のお気に入りのパターンの一つです。

フック:TMC100SP-BL
サイズ:12#
スレッド:ブラウン
テール:マラブー(ブラウン)
ボディー:ヘアズイヤープラス(ブラウン)
リブ:コパワイヤー
バック:フラッシャブー

P1060797_20190811142801
MSC-L
ファジーなニンフパターンとしてあらゆる場面で使えるフライだ

P1170924-800x600
MSC-L
で釣った雷魚


| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

イワイミノー

ターポンに好評だったのが7㎝ほどのイワイミノーです。少し慣れればタイイングも簡単なのでフィッシュイーター用に重宝するパターンです。今回はノンウエイトの物を使いましたが、ウエイトを入れて沈めて使うこともできます。

フック:TMC5263
サイズ:6#
スレッド:白、赤
テール:ジローン
ボディー:マイラーチューブ(ブラウン)
ギル:シンセティックマテリアル()
アイ:プラスティックアイ

P1060798_20190811142801
イワイミノー
巻くのが楽でよく釣れるパターンだ

P1170886-800x600
イワイミノーをしっかり咥えたターポン


| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

ピーコックカディス

源流域のイワナ釣りや管理釣り場でのニジマス釣りにテレストリアルのイミテーションとして多用しているパターンですが、今回は黒いペレットをバラマンディに給餌しているのを見て、このフライを使ったところよく釣れました。
ピーコックハールをできるだけボリューミーに巻くのがコツです。

フック:TMC100sp-BL
サイズ:10#、12#
スレッド:ブラック
ボディー:ピーコックハール
ウイング:エアロドライウィング(白)
ハックル:ブラウン

P1060574
ピーコックカディス
フライボックスに必ず入れてあるお気に入りのパターンだ


| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

エアロドライウイング(ADW)カディス

エアロドライウイングは浮力が持続するので大型のカディスパターンで多用しています。視認性も良いので使いやすいフライです。マテリアルは以下の通りです。

フック:TMC100SP-BL
サイズ:12#
スレッド:ブラウン
ボディー:ダビング材(タン)
ウイング:エアロドライウィング(白)
ハックル:グリズリー

P1060573-800x602
エアロドライウイングカディス
浮力と視認性が高いので使いやすいフライだ

P1170791-800x604
マシールの口にしっかり刺さっている



| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

ストリーマー

ドラード用のストリーマーはボリューム感を持たせることと、ヘッドを大きく作って波動で魚の興味を惹くように作ります。全長は12㎝ほどです。色はすべて黒を基本として、反応が芳しくないときは黄、青、赤などの色を使ってみました。
ドラードの他にもピラニアなど歯の鋭い魚が生息しているので、フライの後端を噛み切られることがよくあります。フライは多め(1日当たり5本くらい)に準備することをお勧めします。

マテリアルは以下の通りです。タイイングする際はアイをフックの下側に付けるとリトリーブ時の姿勢が安定しやすいです。

フック:がまかつS10S-4H
サイズ:4/0#
スレッド:黒
アイ:レッドアイ
ヘッド:ディアヘアー(黒)
ギル:EP Streamer Brush(紫)
ボディー:カーフテール(黒、他各色)
オーバーボディー:フラッシャブー(ゴールド)、ピーコックヒール
テール:ハックル(黒、他各色)

P1030572_1
ドラード用のストリーマー
ボリューム感を持たせることが大切だ

P1170121_1
ドラードの口にがっちりと刺さったフライ

P1030573_1
ドラードやピラニアは歯が鋭いのでフライの後端を噛み切られることが多い(上が使用前、下が使用後のフライ)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧