魚図鑑

2022年3月 7日 (月)

インディアントラウト

トラウトと呼ばれていますがサケ科の魚ではなくコイ科の魚です。英語ではIndian trout あるいはTrout barbと呼ばれています。国内の魚ではハスに似た感じの魚です。小型のルアーやフライに良く反応してくれました。30㎝前後のサイズが釣れました。

Dscf1348_20220225160901
インディアントラウト
トラウトと呼ばれているがコイ科の魚だ

Dscf1342_20220225160901
フライにアタックしてくる

Dscf1345_20220225160901
ライで釣れると嬉しい

Dscf1403
どことなくハスに似ている
大きさは30㎝ほどだ


| | コメント (0)

2022年3月 3日 (木)

コブラスネークヘッド

コブラスネークヘッドはぺーインド、ネパールに生息する雷魚の仲間です。最大サイズは1mを越えます。攻撃性が強くルアーに果敢にアタックしてきます。今回は40~60㎝のサイズが釣れました。

Dscf1411_20220225160301
コブラスネークヘッド
顔が蛇のコブラに似ているところからその名が付いた

Dscf1436
スピナーで釣れたコブラスネークヘッド

Dscf1455
個体ごとに体色や模様が異なる

Dscf1458_20220225160301
背鰭の斑紋が美しい

Dscf1461
小型魚も釣れた

Dscf1509_20220225160301
ルアーに果敢にアタックしてくるので釣っていて楽しい魚だ


| | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

トールマシール

トールマシールはゴールデンマシールの近縁種で、ゴールデンマシールに比べて身体が太くて体高があり、やや赤っぽい体色をしています。ゴールデンマシールと混生していますが数は少ないようです。今回の釣行では1匹だけ釣れました。

Dscf1473
トールマシール
ゴールデンマシールより太い

Dscf1488_20220225155201
この魚は72cmで8lbあった

N2
ガイドのネタンと記念撮影


| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

ゴールデンマシール

ゴールデンマシールはネパール、インドの河川や湖に生息するコイ科の大型魚です。過去には2mを超える個体も確認されています。魚体が黄金色をしていることから現地では神の魚として崇められています。魚食性でルアーへの反応が良く、引きも強いのでゲームフィッシングの対象魚として人気があります。今回の釣行で釣れたゴールデンマシールは最大が80㎝、平均サイズが60㎝ほどでした。

Dscf1283_20220225154601
ゴールデンマシール

Dscf1337
金色に輝く魚体が美しい

Dscf1299
口元にはヒゲがある

Dscf1392_20220225154601
80
㎝のゴールデンマシール
今回の釣行の最大魚だ

Dscf1361_20220225154601
こちらも70㎝オーバーの良型だ

Dscf1530_20220225154601
早朝キャンプサイトで釣った良型魚

Dscf1383
釣り上げる度に魚体の美しさに感動する

Dscf1302_20220225154601
小型魚も釣れてくる


| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

スリーピーコッド

スリーピーコッド(Sleepy Cod)はオーストラリア北部とニューギニアに生息する魚です。名前にコッドと付いていますが、タラの仲間ではなくハゼの仲間です。肉食魚なのでルアー派の反応は良く、最大で50㎝を超えます。今回釣れた個体は40㎝ほどの大きさでした。ダーウィン近郊では比較的珍しい魚で、僕は今回釣りあげて初めてこの魚を知りました。

P1060655_20210130151101
スリーピーコッド
比較的珍しい魚だ

P1060650_20210130151701
名前にコッドとあるがハゼの仲間だ

P1060657
正面から見ると確かにハゼに似ている

P1060645
全身像

P1060643
身体の前部

P1060644
後部


| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

パシフィックターポン

和名はイセゴイと言います。釣りの対象魚として名高いアトランティックターポンと同族の魚ですが、2mを超えることもあるアトランティックターポンほどは大きくならず、通常は50㎝程度の大きさです。
群れで生活していてフライやルアーへの反応が良いので、数釣りが楽しめるターゲットです。今回の釣行でもたくさん釣れました。

Dscf0611_20210130150701
パシフィックターポン

Dscf0400
大きな目が特徴的だ

P1010758
フライへの反応がとても良い魚だ

Dscf0663
群れがいる場所を見つけると数釣りが楽しめる

Dscf0501_20210130150701
ルアーへの反応も上々だった

P1010756_20210130150701
ガイドの黒沢氏もフライでキャッチした


| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

バラマンディ

バラマンディはインド太平洋の熱帯域の海や川に生息するアカメの近縁種です。ルアーやフライへの反応がよくファイトも激しいことからゲームフィッシングのターゲットとして人気があります。最大で1mを超えますが、今回は40~50㎝のサイズが釣れました。

Dscf0573_20210130140901
バラマンディ
ゲームフィッシュとして人気の高い魚だ

Dscf0599
筋骨隆々とした体形をしている

Dscf0593
このサイズでもファイトは十分に楽しめる

P1060690_20210130140901
早朝釣った1

P1060704
こちらはガイドの黒沢氏が早朝に釣ったバラマンディ
朝夕の時間帯に活性が高くなる

Dscf0660
ガイドの黒沢氏がキャッチしたバラマンディ
この魚が今回の最大魚だ


| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

ノーザンサラトガ

ノーザンサラトガはオーストラリア北部とパプアニューギニアに生息するアロワナの仲間です。胸鰭が大きく口が上を向いた独特の体形をしています。体長は最大で80㎝を超えます。今回は釣った魚のサイズは55㎝でした。

Dscf0526_20210130140301
ノーザンサラトガ

Dscf0527
アロワナの仲間でいわゆる古代魚だ

Dscf0541
前から見た姿
口元には2本のひげがはえている

Dscf0529
口は上方に開く

Dscf0528
背鰭は身体のかなり後方にある

Dscf0510
ガイドの黒沢氏がキャッチしたノーザンサラトガ


| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

グレイリング

グレイリング(Arctic grayling)は大きな背びれが特徴的なサケ科に属する魚です。成長すると50㎝を超えますが、今回釣りをした川の平均サイズは20~30㎝でした。昆虫を主に食べているのでフライへの反応がとても良い魚です。

P1160070
グレイリング
サケ科の魚だ

P1160058-800x600_20200623202001
大きな背びれが特徴的だ

P1160082-800x602
この川の最大サイズ
35
㎝くらいだろうか

Gopr3428_moment_20200623202001
水中で撮影したグレイリング
泳ぐ姿がとても美しい


| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

ノーザンパイク

ノーザンパイクは北アメリカ大陸とユーラシア大陸に生息する大型の肉食魚です。とても貪欲な魚なので、フライやルアーへの反応はとても良好です。最大魚は150㎝を超えます。今回釣りをした湖での最大サイズは115cm、平均サイズは40~60㎝でした。

P1160454-800x600_20200623201101
ノーザンパイク
貪欲な肉食魚だ

P1160462-800x600_20200623201101
パイクレイクで釣った最大魚
115
㎝あった

P1160474_20200623201801   
顔貌は爬虫類を思わせる

Dscf1079_20200623201101
こちらはフライで釣ったメーターオーバーの良型魚

P1160287-800x601_20200623201101
アベレージサイズはこのくらいだ

Dscf1057_20200623201101
初級者でも釣りやすい魚だ
スピナーが好調だった

Dscf1248_20200623201101
ダンカンレイクでも数は少ないが釣れる


| | コメント (0)

より以前の記事一覧